鉄分を摂りすぎると逆にカラダが錆びてしまう事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

活性酸素がカラダの細胞を酸化、すなわち錆びつかせてしまうことはよく知られている事実です。酸化は老化の立役者とも言えます。老け込みくないのであれば、この活性酸素をいかに暮らしから排するかが重要になってくるとともに、どんな食品がこの活性酸素を増やし、どんな栄養素が防ぐのか?それをある程度、知識として知っておく必要があるでしょう。

どんな栄養素が防いでくれるかについては、過去にも何度か本ブログで触れたことがありますし、後日、改めて記事にしたいと思います。今回は別なテーマで、「ある栄養素」が意外にも活性酸素をふやす原因になっていたというショッキングな内容をお伝えしたいと思います。




■活性酸素は不安定

そもそも活性酸素はなぜできるのか?ということですが、まずはその仕組みを簡単にお伝えしたいと思います。

活性酸素は基本的に不安定な分子構造をしています。もともと人のカラダが取り込んだ時の酸素は安定した正常な分子構造をしているのですが、紫外線やストレス、化学物質などの様々な外的刺激を受けて、電子をひとつ欠損させてしまうのです。こうして活性酸素と呼ばれる不安定なものになります。

これを安定させようとして、活性酸素は他の正常な細胞から電子を奪って持ってきてしまうのです。それにより機能していたはずの細胞が傷ついたり、死んだりしてしまいます。こうして細胞の破壊が進むことがすなわち酸化であり、老化なのです。

■鉄分の一日の必要量はどのくらい?

一般的に鉄分は不足すると良くないとされている栄養素のひとつです。鉄は身体中に酸素を運ぶ役割を受け持っていますからね。しかし、その鉄分の過剰摂取がカラダを酸化させる要因となっていたならどうでしょう?

貧血は、血液の赤血球に含まれるヘモグロビンが減って体内が酸欠になる症状です。ヘモグロビンは赤血球の主成分(赤い色素)で、鉄を含む「ヘム」とたんぱく質である「グロビン」が結合したもの。肺で酸素を取り込んで、全身に運んでくれます。体内の鉄分が不足するとヘモグロビンの量が減り、全身に運べる酸素の量も少なくなります。

女性などは貧血症で不足している人が多いため、良く意識して摂るようにとお医者さんからも言われます。しかし、ここで注意が必要!鉄という栄養は摂れば摂るほど良いわけでもないのです。

日本の政府が出している食事摂取基準によれば、鉄の必要摂取量は、例えば39~40歳の女性であれば、一日10.5mg、男性ならば、7.5mg。上限量は、女性40mg、男性50mgとなっています。これをわかりやすく食品で言えば、鶏レバーなら50gで4.5mg、牛ヒレ肉なら80gで1.8mg、アサリの水煮缶なら25gで9.45mgが目安となります。これを見る限り、普通に3食バランス良く食べていれば問題ないとも思えてきます。

■鉄分不足から起こる色々な症状

鉄分が不足すると貧血になり、カラダの各組織や臓器が酸欠状態になります。酸欠状態は脳にも影響を与え、 めまいや頭痛といった不快な症状をもたらします。さらには、全身がだるく疲れがなかなか取れない、肌が黄色っぽくくすむ、などの症状が現れ、他にも、目の結膜が白っぽくなったり、爪が白っぽくなったりします。

また、ひどい貧血が続けば、爪がスプーンのように反り返ったり、弱くなって割れる、表面がはがれる、みぞができて爪の表面がでこぼこになるなどの症状が起こります。

そこまでいけば、病院などでは医師から鉄剤などが処方され生活習慣の見直しを余儀なくされます。でも、女性の場合は生理があるため出血で鉄が余分に排出されてしまったり、無理なダイエットでそもそも栄養が十分でないという原因も考えられます。あと、多くの現代人が好むインスタント食品や化学調味料の過剰摂取なども貧血の大きな原因となります。

■摂り過ぎがカラダの酸化を進めます!

ただ、本ブログでの問題点は、そうした鉄分不足を恐るあまり、過剰に鉄分を摂取するところにあります。今はサプリメントや多種のマルチミネラルがあるため、誰もが手軽に努力することなく必要な栄養分を補うことができる時代、それゆえ適正量をオーバーしているのに気がつかない場合が多くあるのです。

大切なのは、その人に必要な栄養が必要な分だけ摂取されて、かつ十分に活用されているということなのです。一応、規定量は明記されているでしょうが、本当に必要な量というのは厳密に言えば一人ひとり違います。

鉄鍋やフライパンなど鉄製の調理器具をお持ちの方ならお分かりでしょう。使った後、拭かずに水にさらしたままにしておくと空気に触れてすぐに茶色い錆びが発生します。他の原料の調理器具であればそんなことは起こりません。鉄を含むゆえに錆びるわけです。

それは人間のカラダでも同じこと。必要以上に摂ったものはカラダに溜まります、それが酸素とくっついて活性酸素=錆びとなるのです。

また最近では、鉄の過剰症になると、体内で発癌性物質を発生するとの報告もあります。また、体内にある鉄分が紫外線に反応して活性酸素を発生し肌のメラニン色素を黒く酸化させることもあるそうです。

普段、鉄分補給の目的で鉄剤やサプリメントを使用している方は、それが本当に自分にとって必要な量なのかどうか、もう一度確認してみてください。

 

⭐️  カラダに良いはずの薬やサプリメントが、逆にカラダを悪くしていたらどうしますか?過剰なほどに便利な現代はそうした健康被害が起こり得るのです。薬やサプリを正しく効率よく使うために、この事実、知っておいて損はありません!

服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ???疲れ、息切れ、めまい、不眠、物忘れ

新品価格
¥679から
(2020/10/7 14:59時点)

にほんブログ村 健康ブログへ

★ついでにポチッとして頂けたらうれしいです。ありがとうございます。

にほんブログ村

 

TAG
スポンサーリンク
AD
AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AD

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA