顔を若返らせるには緊張を緩めれば良い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もが若くありたいと願うものです。その若さの鍵は実は「リラックス」にあり。心身ともにリラックスすることで、呼吸は深くなり、血流は促進し、各組織に栄養が十分に運ばれます。そして、皮膚はハリを取り戻し、若さは蘇る。

しかし、あらゆる面でストレスを強いられる現代社会においては逆の現象が起こります。上司に叱られ呼吸が浅くなり、ギュウギュウ詰めの満員電車に揺られて血行不良となり、度重なる疲労に皮膚はハリを失い、眉間にはシワが寄る。

そんなんじゃあ、あまりにも辛いじゃありませんか?何か良い方法はないものか?

……あるんです!しかも、いつでもできてそう難しくない。キーワードは「緩めること」。「どこを?」って?、それは自分にとって一番身近な場所、「顔」なのです!





■クラニオ・テラピーで頭蓋骨を緩める

顔には表情筋といって、感情を表すための様々な筋肉が複雑についています。もしも不幸そうに見える人がいるとしたならば、この人の表情筋の筋膜は捻れてしまっています。皮膚の下には筋膜があります。各筋肉を袋状に包んで繋げる役目をしています。ちょうどソーセージの皮をイメージしてもらうと良いでしょう。

ところが、この筋膜の捻れをちょっと緩めてあげるだけで、表情筋は本来のあるべき状態、明るい笑顔をつくり出せる状態に戻すことができるのです。

頭蓋骨のことを英語でクラニオと言いますが、アメリカ発祥の手技療法の一つにクラニオ・テラピーがあります。頭蓋骨は一つの骨ではなくて複数の骨が組み合わさって構成されているのですが、この頭蓋骨のわずかな可動性が失われてしまうことで、心もカラダも不調をきたすことがあるのです。

現代人は四六時中、過度の緊張を強いられているため、頭蓋骨の関節部分が締めつけられて可動性を悪くしている人がとても多いのです。顔の筋肉、皮膚といえども、頭蓋骨の上にある部分なので、この頭蓋骨の緊張は表情に大きく影響してしまいます。そんな時、頭蓋骨を緩めるとエネルギーがスムーズに流れ出し不調が改善するのです。

■目元と額を緩めてみる

そんなクラニオ・テラピーの簡単なテクニックを使って表情筋を緩めると、顔も数倍若返ります。手順を覚えて実際に行ってみるとその効果にきっと納得していただけるはずです。それでは早速始めてみましょう!まずは、目元と額をスッキリさせましょう!

目の周りには眼輪筋、額には前頭筋と呼ばれる筋肉があります。その右側からアプローチします。

  1. 左手の4本指を軽く開き、額の右側に優しく触れます。
  2. 右手の4本指も軽く開き、頬の右側に優しく触れます。
  3. さらに優しく皮膚表面をそっと軽くゆっくりと動かしながら、動かしやすい方向を見つけます。早く動かさず、あくまでもゆっくりを心がけてください。
  4. 動かしやすい方向が見つかると皮膚は自然と広がり、皮膚が広がるとその下にある筋膜が緩み始めます。
  5. 筋膜が緩み出すと指で広げているはずなのに逆に皮膚によって指が動かされているような感覚を得られます。この感覚が得られれば成功です。

顔の右半分の施術が終わったら、手を離してまだ施術していない左側と比べてみてください。いかに右半分がリラックスして筋膜が緩んだかがわかるでしょう。確認できたら同じことを、今度は右手で顔の左半分に行います。

■鼻と口元を緩めてみる

次にまた別な箇所を緩めてみましょう。今度は鼻と口元に挑戦です。鼻にも様々な筋肉がついています。これらを先ほどと同じ手順で力を入れず、優しくタッチしながら緩めていきます。

  1. 左手の指先を軽く開いて先ほどと同じように左の頬に触れます。ここには上唇を上に引き上げるための筋肉があります。
  2. 右手指先を左側口元の口輪筋に優しく触れます。
  3. ゆっくりと動かしながら、動かしやすい方向を見つけます。
  4. 動かしやすい方向が見つかると皮膚は自然と広がり、皮膚が広がるとその下にある筋膜が緩み始めます。
  5. 筋膜が緩み出すと鼻の通りが良くなります。表情も豊かになり明るい笑顔が出るようになります。右側も同じように広げます。

■顎関節に動きをつける

鼻の通りが良くなって口元の緊張が緩んだら、顎関節にも動きをつけましょう。

  1. 左手人差し指、中指、薬指を耳の穴より少し前方にある左顎関節に触れて、左手親指を左顎のエラに貼り付けます。
  2. 同じようにして右側は右手の3本の指を右顎関節、右手親指を右顎のエラに貼り付けます。
  3. そーっとゆっくり皮膚を動かす。前後左右斜めに慎重に動かしながら指の位置を変えていき新しい動きの方向性を見つけます。皮膚と筋膜が緩んで広がっていくと顎関節の動きが軽くなります。
  4. 徐々に指で皮膚を動かしながら下顎に移動します。
  5. 下顎まで行ったらついでにそのまま喉と首も緩めます。

いかがでしょうか?ここまで行うと、表情筋はかなりリラックスして動かしやすくなり、皮膚はポカポカと暖かく、ツヤと潤いが戻ってきたのを実感できるのではないでしょうか?クラニオ・テラピーを行った後では、かなり表情も豊かになったことでしょう。ぜひ、日頃のセルフケアに顔も加えてみてください。きっと心だって晴々しますよ!

⭐️  頭蓋骨を緩めるだけで人は元気になる!そして美しくなる!結果、若くなる!自分でケアするだけでそれが実現したなら良いと思いませんか?クラニオ・テラピーならそれが可能です!

頭蓋骨をユルめる! クラニオ・セルフトリートメント 自分でできる「頭蓋仙骨療法」

新品価格
¥1,320から
(2020/10/5 15:07時点)

にほんブログ村 健康ブログへ

★ついでにポチッとして頂けたらうれしいです。ありがとうございます。

にほんブログ村

TAG
スポンサーリンク
AD
AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AD

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA