意識を使えば、あなたの動作はもっと美しくなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段、人が何気なく行っている動作には、立つとか、座るとか、歩くとかがあります。あなたは、カフェテラスで一人、コーヒーを飲みながらボーッと通りを眺めている時、道ゆく人たちの中に美しい姿で歩く人を見つけ、その立ち振る舞いのあまりの美しさにハッとしたことがありませんか?

立つとか、座る、歩く動作は、ごく当たり前の日常的な動作だからこそ、その人の経験値や生活背景が自ずと現れるものです。

私も時々、講座を開催した時、参加された方から「立ち姿がきれいですね」と言われることがあります。特別に姿勢を気をつけているわけではないのですが、きっと中学3年生まで続けていた剣道の教えが身についているからなのだと思います。

けれど、美しく動作することはそれほど難しいことではありません。カラダを楽に動かすにはどうしたら良いのか?それを少し意識するだけでも動作は随分と美しくなるのです。今回はそのポイントについてお話します。




カラダ以外のものに意識を向ける

例えば、慣れない場所で立ったまま、あるいは座ったまま大勢の前で話をしなければならないような場合、ほとんどの人は緊張すると思います。それは私も同じです。そんな時に「緊張しないでいよう」と思えば思うほど、逆に緊張してしまうものです。むしろ、緊張はちっとも抜けません。

しかし、そのような自分の緊張状態に気づいた時には、緊張しているカラダにではなく、それ以外のところに意識を向けるようにすれば、案外早く緊張から解放されることがままあるのです。目に見える会場全体の空間や、壁にかかっている時計の秒針、人々の息遣いなどに暫く注意を向けていると、徐々にカラダの緊張が緩んでいきます。

気がつけば、適度な緊張とともに、為すべきことに対して冷静に集中できている自分を発見できるのです。そんなふうにしてうまく意識を活用すれば、日常動作はもっと美しくスムーズなものになります。

意識を向けるとカラダは変わる 

あなたは歩いていて、よく躓くことがありませんか?

それも知らぬ間に身についてしまった良くないカラダの使い方のクセが固定化されたことに原因があります。もしも、それを改善しようと思うなら、意識を「あるもの」に向けると良いのです。あるものとは、重心です。

まずは、楽にしてその場でいつものように立ってみてください。人は大きく分けると立ち姿勢の状態に2タイプあります。それは、「爪先側に重心を載せて立つタイプ」と、「踵側に重心を載せて立つタイプ」です。

躓きやすいあなたは、爪先側に重心を載せて立つタイプなのではありませんか?きっと、日常動作でも前の方に重心をかけて行う動きが多いのではないでしょうか?重心が前側に偏るとどうしてもカラダは躓きやすくなります。

爪先重心は不安定。安定したいなら踵に意識を向ける。

では、どのようにすれば、安定して立っていられるのでしょう?

実は、そこで意識を使うのです。まずどちらか一方の足の踵の端を軽く床に触れて、踵を意識してから立ってみてください。そして、先ほどと同じように前に出した腕を誰かに押してもらいます。

いかがですか?たったこれだけのことで、ぐらつくことなく、安定して立っていることができるでしょう。

これは踵側に重心を載せて立った方が理に適っている為、自ずと安定感が出てくるのです。さらに理に適った動作、姿勢は他者から見ても自然と背筋がスッと伸びて美しく見えるものです。

カラダを意識と合わせて人生を楽しむ

このようにして、「意識」を意識的に使っていくとカラダの動作は見る見るうちに変わっていきます。日常生活において起こる、肩が凝るとか、腰が痛む、背中が張るなどの症状は、自分でも気がつかない意識の向け方の間違いが原因となって発生するものがあります。

そこを自覚して修正していくことで動作も楽に、そして見た目にも美しい姿勢を保持することは可能なのです。それにより日常動作はもっともっと快適なものになります。さらに日常動作が変わってくると、それにともなってものの考え方や感じ方、生活そのものが根本から変わってきます。

カラダの使い方を工夫することは大変面白いことであり、人生そのものを楽しむことにつながります。本ブログでは、時々そんなカラダと意識の使い方についてもお伝えしたいと思っています。

⭐️ 日本には、室町時代から800年以上に渡って受け継がれてきた「小笠原流礼法」という礼儀作法の教えがある。それはこの現代生活においても活用可能なメソッドとして、今、世界中で注目されている。美は、あなた自身の中にあり、何気ない日常であなた自身が創り出すものである。

一流の人はなぜ姿勢が美しいのか?日本人が八〇〇年、伝え継いだ本物の礼法

新品価格
¥1,463から
(2021/2/2 15:13時点)

にほんブログ村 健康ブログへ

★ついでにポチッとして頂けたらうれしいです。ありがとうございます。

にほんブログ村

TAG
スポンサーリンク
AD
AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AD

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA