やせたいなら冷やすな!②


ea1b1c074deae4f302faca0b4d2e2ebc_s

ごはんとパンのどちらがカラダを冷やすか?

ごはんとパンのどちらが太るか?

という件ですけれど、今回、それについてお答えしたいと思います。

でも、その前にちょっとお米についてお伝えしたいことがあります。

最近は日本の食卓でも主食としてパスタ、パンが並ぶことが増えました。

■お米の消費量が減り続けています!■

これには、戦後のアメリカの食料戦略があって、大量にあまった小麦と飼料穀物を日本に売りつける意図を持って行われた日本人の食生活の欧米化が長い年月を経て浸透した結果と考えます。

このあたりの話は、語りはじめてしまうとかなり文が長くなってしまうのですが、少しかいつまんでお伝えします。

ふだん日本人の誰もが使っている「気」という言葉ですが、旧字では「氣」という文字が使われていたことをご存知の方もいらっしゃるでしょう。

この言葉だけに限りませんが、これが現在の「気」という文字に取って代わられたのは、第2次世界大戦後、GHQの日本占領後からです。

旧字体にあった「米」とは、本来、人が光を八方に生命エネルギーを放っている姿だと言われていて、日本人の主食としての「米」でもあります。

旧字の「氣」はエネルギーを発揮し、広がっていくイメージを表しているのに対し、「メ」=「しめる」という字は、天地のエネルギーを閉じ込め、人間に備わった潜在能力を封印してしまうものです。このようにして、食料と思想的な面から日本という国をコントロールしてきたのです。

戦後のアメリカによる日本への政治介入にはこうしたことが多くありました。

それにより、日本人のお米の消費量が減りました。

33ff3c29-s

昭和38年の1,341万トンをピークとして、年を追うごとに減少し、平成16年の1人当たりの年間消費量は61.5kgと過去最低。その後も記録は更新され続けています。

トリップアドバイザーが発表したインフォグラフィックで、世界の国のお米の消費量の比較グラフがあるのですが、日本は世界で何番目位の消費量だと思いますか?

それはですね。・・・なんと50位

伊勢神宮にお米の神様をお祀りしているこの日本が50位ですよ。

1位はどの国かというと、バングラデシュ。バングラデシュではジョブジ(野菜カレー)とパット(お米)が食べられており、1日当たりの1人の消費量は、日本のコンビニのおにぎりにたとえると1人1日10個以上にもなるのだとか。

続いて2位ラオス、3位カンボジア、4位ベトナム、5位インドネシアと上位はアジア勢が占めています。日本は50位。アジア勢で最低クラス。日本人1人当たりの1日のお米の消費量は平均119gで、1位のバングラデシュの平均473gと比べると1/3ほど。日本のお米の神様もこれでは泣いてしまいます。

■ダイエットには、パンよりごはん!■

肥満に悩まれるあなた!

やはり、燃やすことを考えるなら、「お米」が一番です。

パスタ、パン、中華麺、ナンなどは、すべて小麦粉が原料ですが、かなり精製された加工品なのでカラダを冷やしやすくしてしまうのです。マクロビオティックの観点から言っても、お米と小麦どちらがカラダを冷やすかというと「小麦」になります。

小麦は、カラダを冷やす性質を持つゆえ、古来、日本人は、夏には麦茶を作って飲み、ほてったカラダの熱を冷まし、麦わら帽子をかぶって夏の強い日光をさえぎり、涼をとってきたわけです。

また、小麦粉から作ったパンやクッキーなどは製造過程で焼き締めるため、カラダを固くし、それゆえ冷えやすいカラダにしてしまうとも考えられます。


■ごはんは原形に近い食べものです!■

また、パンは製造過程において、塩分や質の悪い油、特に大手メーカーの製品には、数えきれないくらいの添加物が含まれます。

基本的に人間のカラダは、自然の食品を分解する酵素しか持っていないため、小麦製品のような精製加工されたものは、消化、吸収、代謝がうまくできないのです。だからでしょう、近年、世界的に小麦アレルギーを発症する人が増え続けています。

カラダが冷えれば代謝もうまくいきません。ダイエットのためには良くないわけです。

それに比べて、お米は、塩分、脂肪分も含んでおらず、原形に近い食べものといえます。さらには、お米を炊く時に水をたっぷり加えますから、水分と良質の植物性タンパク質を摂ることができます。

主食とされるパン、ごはん、麺類の中で、きれいにやせることを考えているあなた!

それなら、迷わず「ごはん」を選びましょう!

★いつの時代も食料問題と政治は深く結びついている。私たちの胃袋だって、よその国に握られているのかもしれません。

ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実

新品価格
¥1,620から
(2015/8/11 13:26時点)

★ついでにポチッとして頂けたらうれしいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

TAG
スポンサーリンク
AD
AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AD

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA