更年期の女性に知って欲しいコーヒーの問題点と世にも美味しいカフェインレスコーヒー。


 

美味しいコーヒー飲んでますか?

今まで本ブログでも何度か取り上げてきました「コーヒー」の話題ですが、今回は女性の健康とコーヒーの関係に絞ってお話したいと思います。

また最近、私が出会って思わず感動した世にも美味しいカフェインレス・コーヒーについての耳寄りな情報もご用意してますので、どうぞ最後までお読みください。

 


 

■女性の体調不良にコーヒーの過飲が関与?

コーヒーが毎日の生活に欠かせない、そんな方とても多いと思います。私も好きで愛飲しています。

しかし、嗜好品としての飲料はなんでもそうですが、飲む人の性別や年齢、体質などを十分考慮して楽しむ必要があるのはいうまでもありません。

というのも、最近診させていただく女性のクライアントさんの中で、更年期あるいは閉経後、体調不良を訴える方のライフスタイルについて細かくお訊きしてみたところ、コーヒーの過飲によるカフェインの過剰摂取が原因なのでは?と思われる症例がずいぶんあったのです。

体調不良を具体的にあげると、原因不明の頭痛、ほてり、発汗、イライラ、気分の落ち込みや倦怠感など。中には、ちょっとしたことで骨折して病院で調べてもらったところ驚くほど骨密度が低下していたケースもあります。

これらはいずれもカフェインの過剰摂取によっても誘発される症状。試しになんらかのカフェイン飲料を毎日摂っているかお訊きしてみると多くの方は「コーヒー」と答えられます。しかもそのほとんどが1日3杯以上飲まれる方。中には5杯以上という方もいらっしゃいました。

 

■コーヒーのカフェインは十分な眠りを妨げる

一般的に女性の更年期とは、閉経をはさんだ10年間の期間を意味します。平均的な閉経年齢は50歳前後といわれますが、人により異なるので私はだいたい40~60歳くらいの幅をもってみています。

この期間に女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が大幅に低下し変動しやすくなります。それにともない月経周期が乱れたり、前述した体調不良が起こりやすくなるのですが、それを総称して「更年期障害」といいます。

体調不良を起こす原因はさまざまに考えられます。年代的に家族構成や社会環境が変化し、それにともなうストレスが増えることも想像できます。しかし、そんな中でも十分な睡眠とリラックスが得られれば問題ないのですが、コーヒーに含まれるカフェインはその十分な睡眠をも妨げてしまうのです。

 

■体重によってもカフェインの許容摂取量は変わります

カフェインそのものは化学物質であり、プラス面とマイナス面の両方を持ち合わせています。しかも体内で分解するには時間がかかり(通常は1杯コーヒーを飲んだら5時間程度時間をおくべき)限度があります。量が多ければカラダにも負担がかかるのです。

欧州食品安全機関(EFSA)によれば、成人におけるカフェインの許容摂取量は1回の許容摂取量が体重1kgにつき3mgで、これが1日だと体重1kgにつき5.7mgとしています。

例えば、体重が60kgの人なら、3mg×60kg = 180mgが1回のカフェインの許容摂取量、そして5.7mg/kg×60kg = 342mgが1日の許容摂取量となります。

わが国の文部科学省のデータによれば、コーヒーに含まれるカフェインの量は「100mlあたり約60mg」といわれ、それぞれの体重にもよりますが、一般的な成人がなんら問題なく飲んでも良いとされるカフェイン摂取量の上限は、1日にコーヒー3杯程度ということになるかと思います。

https://efsa.onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.2903/j.efsa.2015.4102

 

■更年期および閉経後の女性にコーヒーをおすすめできない理由

許容摂取量を超えて摂取した場合には、先の症状に加え胃痛を引き起こしたり、利尿作用による脱水症状が起こったり、血圧を上げる、不眠を招くなどのマイナス作用が発生しやすくなるのです。

さらにそれらに加え、心配なのが「骨粗鬆症」

もちろん骨粗鬆症は男女ともにみられる病気ですが、特に更年期を迎えた女性が罹患しやすいという特徴があります。

若い人たちは「まだ先の話」と思われるかもしれませんが、原因が若い頃からの不健康な生活習慣に関係している病気であるため、早い時期からの予防が大切なのはいうまでもありません。

原因にはカルシウムの摂取不足があげられるほか、「骨代謝」が関わってきます。私たちの骨はずっと同じものがそこにあるのではなく、絶えず破壊と新生を繰り返しています。

ところがその骨代謝のバランスが、男性なら60代以降から、女性は40代後半以降から崩れはじめ、新しく作られるよりも破壊される速度の方が速まり、骨量が減ってくるのです。

特に閉経後の女性は、カルシウムを骨に沈着させたり、骨が溶けないように調整もしてくれる女性ホルモン 「エストロゲン」が激減し、骨の密度がどんどん低下してしまうのです。

ここに過剰なカフェインの摂取が加わるとカルシウムの吸収が妨げられる上、交感神経を刺激してさらにホルモンバランスを崩れやすくします。ゆえに極論をいえば、更年期および閉経後の女性にコーヒーの過飲は特に良くないということになります。

 

■美味しいカフェインレスコーヒーを求めて

そんなコーヒーですが、眠気を覚まして覚醒作用をもたらしたり、運動機能や記憶力を高めたり、自律神経に作用して代謝を促進するなどプラスの面だってあります。何よりあの独特の香りと風味が日々の疲れを吹き飛ばし、癒しをもたらしてくれると感じている方は多くいらっしゃることと思います。

カフェブームにより、日本においてもはやコーヒーは国民的飲料となった感があります。しかし、現在進行中の高齢化の波の中で増え続ける高齢女性にとって、コーヒーが健康不安をもたらすリスクを持った飲み物と認識されるのはあまりに悲しい。

そこで、デカフェやカフェインレスコーヒーというニーズが生まれてきたわけですが、私自身、お客さまのご要望もあり「どこかに良い豆がないか?」と、ここ数年いくつものメーカーの商品を試飲してきました。でも、健康には良くても心底美味しいと思える一杯には長らく出会えずにおりました。

・・・・しかし、この世にコーヒーの神さまがいることを思い知らされる「ある事件」がありました。

 

■一通のメールから始まった奇跡の豆との出会い

先日、見知らぬある方から一通のメールをいただいたのです。差出人は、「心に風が吹くコーヒー屋 宮の森アルケミストコーヒー」代表・川原英佑氏。

内容は「心を込めて焙煎した自慢のスペシャリティーコーヒーをぜひ試飲してほしいのでカフェに伺ってもよろしいですか?」というものでした。しかも、私が探し求めている有機カフェインレスの豆も用意しているというじゃありませんか。

嗜好品については独自の考えがあるこの頑固な私の心に、美味いコーヒーでもって感動の風を吹かせようという魂胆。どうやら年は私よりもずっと若いらしい。

「長年、及第点に達しないカフェインレスコーヒーに失望を繰り返してきたワシを感動させてみせようとは、なんたる浅はかで大胆不敵な若造。やれるものならやってみるがいい。ワシはそう簡単には落ちんぞ。ふふん」

私はなかば、『美味しんぼ』における新聞記者・山岡士郎と対決する海原雄山のような心境で彼の訪問を待ちました。

 

 

『美味しんぼ』海原雄山 ©︎花咲アキラ 小学館

 

 

『美味しんぼ』山岡士郎 ©︎花咲アキラ 小学館

 

 

約束したその日、両手に抱えきれないほどの大きな抽出器具と自慢の豆を抱えた山岡士郎が、もとい、宮の森アルケミストコーヒー代表・川原英佑氏がカフェにやってきました。

すらりとまっすぐに伸びた背中、スッキリと刈り上げたヘアスタイル、キラキラと輝く瞳。まるでジャニーズ事務所所属のアイドルのように端正なマスク、そして現役アスリートのように爽やかなオーラを身にまとった川原氏は、とてもコーヒー焙煎士には見えません。

「この男、何かもっているかもしれんのう・・・」

私は心の中で、そう呟きました。

「本日はお時間をとってくださり本当にありがとうございました!では、今から自慢の豆を試飲していただきます!」

一通り挨拶を終えると川原氏はカフェテーブルに今までに見たことのない摩訶不思議な「コーヒードリッパー」を取り出し、お湯を沸かしはじめたのです。

この後、私は生まれて初めての感動的なコーヒー体験をすることになるのですが、その詳細は次回へと続きます・・・。

 

 

 

⭐️美味いコーヒーをおとすためのドリッパーは一点式でハリオV60と決めていた自分。しかし、川原氏との出会いでそれまでの常識が完全に覆されました!現在愛用しているのはコレ!とってもクレバーでどんなコーヒーも美味しくしてしまう魔法のドリッパーです!

CLEVER クレバー コーヒードリッパー Lサイズ【Clever Coffee Dripper C-70888】

価格:2,199円
(2019/9/3 12:43時点)
感想(11件)

 

にほんブログ村 健康ブログへ

★ついでにポチッとして頂けたらうれしいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 

 

 

TAG
スポンサーリンク
AD
AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AD

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA