善良な生産者を失ってはならない!〜皆さまへのお願い




このところワードプレスの編集機能にトラブルが生じ、長い間、本ブログの更新ができずにおりました。数日前になんとか原因を発見、やっとのことで修理、復旧にこぎつけました。

それとタイミングを同じくして思いがけないニュースが飛び込んできました。

それは、私たちのオーガニックカフェ知恵の木でもお取引させていただいている岩見沢市の自然栽培農法家・稲葉勇人さんの経営する「稲葉ファーム」が資金難から営農危機にいたっているという衝撃の事実でした。




■稲葉ファーム・稲葉勇人さんについて
●稲葉ファーム農場主・稲葉勇人さん

稲葉ファームについては、以前、本ブログでもご紹介したことがあります。

『野菜と農薬について考える』

稲葉さんのご実家はもともと農家でしたが、勇人さんご自身は繁忙期に時々作業を手伝う程度で本格的に農業に携わっていたわけでなく、長年ハウスメーカーや保険などセールスのお仕事をされていました。

しかし、愛する娘さんが幼児期にアレルギーを発症したのをきっかけに「健康」について深く考え、現代の様々な健康問題の背後に「食」があること、そしてその大切な食を支える「農業」のあり方が、近年、急激に自然から離れてしまっている事実を知り、10年前に自然農法を柱とした農業を生業とする決心をされました。

勇人さんのお祖父様やお父様は、もともと60年以上も昔に、札幌から遠く離れた新十津川町で稲作を始められ、その後、 MOA自然農法に準拠した農法でベースを作られていたのですが、勇人さんは平成20年から現在にいたるまで自然栽培全国普及会の栽培基準に基づいて本格的に、田んぼにおいては無肥料・無農薬、できる限り自家採種によって米・大豆、野菜も多品目を栽培されています。

最近、国内でも急増する小麦アレルギーに悩む子供さんたちの存在を知り、その子たちにもパンやお菓子を食べさせたいとの思いから有機栽培の美味しい米粉を開発しました。私もいただきましたが、この米粉、感動するほどに美味しいのです。

勇人さんの作られる農産物や加工品は、そのどれもに作り手の愛情がしっかりと感じられて、大変味わい深く、全道にそのファンがいます。

彼は札幌に来られると時々うちのカフェに立ち寄って、ご自身の農業についてお話してくださいます。稲葉さんの立ち上げた農業運営会社の名前は「太陽と月と地球」。このネーミングから、きっと彼がどんな価値観を持った人物か想像できるでしょう。

哲学や物理の世界にも通じていらっしゃる勇人さんのお話は大変面白く、農産物や農業への「愛」がいっぱいに詰まっています。

■無農薬栽培ゆえの厳しさ

この冬が長く厳しい北の大地で自然農法を続けるということは想像を絶する大変な労力が必要です。苦労話は決してせずにいつも笑顔の勇人さんですが、あれだけの多品目を、しかも美味しく作られる陰ではものすごいご努力をされているのは確かです。

私の亡き祖父も、昔、勇人さんのお祖父様が農業を始められた新十津川町の出身で、周囲の反対を押し切って無農薬農法の稲作を敢行していたためそのご苦労は痛いほどわかります。

自然とは本当に厳しいもので、作り手の情熱や農業に対する愛がいつも報われるとは限りません。

ここ数年の北海道は、台風、地震など多くの自然災害に見舞われ続けています。稲葉さんの農場も今年は台風でビニールハウスが飛ばされて、ほとんどの野菜が風雨で傷んでしまったほか、主力作物である米の収穫が悪く売り上げが激減してしまったとのこと。

しかもハウスの土台は破壊され、車庫や田植え機、除草機などの農業機器も破損し、その復旧には多大な費用がかかります。

さらには12月に入って大雪が見舞いました。農場のある岩見沢市は札幌から距離的に近いにも関わらず気候は完全に異なり、道内でも有数の豪雪地帯として知られています。

連日の大雪で機器類の保管場にしていた野菜用のビニールハウスが雪の重さによって再び潰れてしまい、新たに修理が必要となってしまいました。しかし復旧費用は全て先払いで請求されます。

行政からの支援は決まっているものの、その枠には限度額があり、最大で50%まで。しかも全てが対象になるわけではなく、審査や準備に時間がかかり、いつ支給されるかの目処も立ちません。

■皆さんのご支援を求めます!

こうした困窮した状態にある中、勇人さんはこの度クラウドファンディングにて支援を求める道を選択しました。

「緊急!農園復旧費用のご支援お願いします」というタイトルで立ち上げられたこのプロジェクト。破損設備や機器類の修理復旧費用として設定された目標額は1,800,000円。

現在、サイトにて支援者を募集しています。

このプロジェクトはAll-in方式で実施。つまり目標金額に満たない場合も計画は実行され、支援者にはリターンが届けられます。リターンとは、支援者に経過報告がメールで送られるほか、稲葉ファームで収穫された農産物が感謝の気持ちとして送られてくるしくみです。

今までの資本主義社会における中央銀行主導の経済活動は、強者がさらに際限なく富を増やしていく歪んだルールの中で行われてきました。これは正直者が搾取され、腹黒く商才たけた戦略家が働かずして不正に私腹を肥やしていくシステムです。

しかし、21世紀に入り、そのシステムのほころびが世界中いたるところで噴出してきています。さらには新たな可能性をもたらすアイデアも次々と生まれてきています。ネットの普及とそれに伴うクラウドファンディングもその一つと言えるでしょう。

稲葉勇人さんのような善良な農業者の日々の労働が、多くの人々の健康と幸せに直結し、農業者自身も豊かさと生きがいを正当に享受できるような時代の到来が望まれます。

でも、その時代はもうそこまで来ている、私はそう確信します。

でなければ、そもそも地球環境そのものが立ちゆかなくなるし、この惑星に暮らす私たち人類の存続さえも危ういからです。

先にご紹介した勇人さんの会社のトレードマークには燦々と輝く太陽とそれを見守るお月様、そしてその恩恵によって育まれる大地、空気、水、植物、動物がシンボリックに描かれています。この循環のうち、どれか一つでも欠けてしまえば私たちは生命を次世代に繋げていくことができません。

過酷な自然環境の中で、農業を生業として、人々に良質の食物を届けようと日々奮闘されている心ある生産者を、私たちは一人でも失ってはなりません。

あなたのご支援、心よりお願い申し上げます。


*クラウドファンディング「緊急!農園復旧費用のご支援お願いします」プロジェクト

https://camp-fire.jp/projects/view/115638

*稲葉ファームホームページ http://inax.mods.jp/

(ご本人の写真、トレードマークはコチラからお借りしました)


●オーガニックカレッジで講演される稲葉勇人さん

🌟 私も参考にさせていただいている国内最大級のオーガニックWebサイト『IN YOU』編集部がついに満を持して世に出したオーガニックガイド。センスの良さはサイトそのままに心身を健やかに保つためのレシピ&養生法がわかりやすく伝えられています。

はじめてのオーガニックガイドブック 忙しくても15分以内にできる!季節のオーガニックレシピ&食養術 (NextPublishing)

新品価格
¥1,728から
(2018/12/28 01:44時点)

にほんブログ村 健康ブログへ

★ついでにポチッとして頂けたらうれしいです。ありがとうございます。

にほんブログ村

TAG
スポンサーリンク
AD
AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AD

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA