子宮頸がんワクチンと陰謀論


5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_s

ネットを見ていたら、こんなニュース記事を見つけました。

国がすすめていた子宮頸がんワクチンの接種によって、それを受けた女子高生の間に副作用と思われるカラダの強い痛みや、目が見えなくなる、朝起きられなくなるなどの不調が発生し、彼女らが国や製薬会社らを相手取って損害賠償を求める裁判を起こすというニュースです。





■子宮頸がんワクチン 高校生ら国など提訴へ■

Yahoo JAPAN ニュースより引用〜

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160331-00000000-nnn-soci

体の強い痛みなどを訴える女子高校生たち。症状が出たのは、子宮頸(けい)がんを予防するワクチンを接種したあとだった。30日、女子高生たちは、ワクチンの接種を勧めた国などを相手取り、損害賠償を求める裁判を起こすことを明らかにした。

 ■望みは「普通の学校に通うこと」

 30日午後、会見に臨んだ10代~20代の女性たち。

 谷口結衣さん(仮名・17)「私が今一番望んでいることは『普通の学校に通うこと』です。けれど今の私にはできません。朝起きて、目が見えなくなっているんです。体が起き上がれなくなっているんです。手が動かなくなるんです、歩けなくなるんです」

 子宮頸がんワクチンの薬害を訴える奈良県の17歳、高校2年生の谷口結衣さん。弱い光でもまぶしく感じる症状などに悩まされ、サングラスなしでは生活できないという。他の女性たちも、めまいや体の痛みなどに悩まされていた。こうした症状が現れたのは、子宮頸がんワクチンを接種したあとだった。

 ■“副反応”相次ぐ…定期接種2か月で中断

 年間およそ3000人が子宮頸がんで亡くなる。だが、ワクチンで予防できるとされているため、国は3年前から、女子中高生らに無料の定期接種を始めた。これまでに10代の若い女性を中心に、およそ338万人が接種している。だが、2か月後に中断。体の痛みなど“副反応”を訴える人が相次いだのだ。その数は、2500人以上にのぼった。

 ■接種原因か…失われた“当たり前”

 谷口さんがワクチンを接種したのは中学1年生のとき。だが、接種から3年以上たった高校1年生の頃。母親の呼びかけにも、うなずくだけで、目はうつろな状態に。歩けなくなったり、過去のことが思い出せなくなったりなど、重い症状が現れるようになったのだ。谷口さんは今も歩くときにはつえ、そしてサングラスが欠かせないという。

 谷口結衣さん「普通にご飯食べて、普通にちゃんと歩いて、友達と学校へ行って、学校で勉強をして帰って。そんなのがみんなにとっては当たり前だと思うんですけど、私たちにとっては当たり前がないんですよ。全くないんで、当たり前に朝起きるとか、そんなんできないんで」

 ■ワクチンと副反応との関係はあるのか

 厚労省の調査によると、接種した338万人のうち、副反応が出てその後も回復していない人は186人。そのため厚労省は、「重い副反応は非常にまれで、ワクチンの成分が原因ではない。注射の痛みなどがきっかけで、思春期の女性の不安や緊張が体の痛みなどとして現れる『心身の反応』と見られる」と結論付けた。

 ■国など相手取り提訴へ

 だが、接種が原因で副反応が現れたと考える女性12人は、国や製薬会社を相手取り、損害賠償を求める訴えを起こすことにしたのだ。

 谷口結衣さん「子宮頸がんワクチンの被害の裁判を起こすことになったと聞いて、私も参加したいと思いました。私のように苦しんでいる人がたくさんいるということを、知ってほしかったからです」

 厚労省は「コメントを差し控える」、製薬会社は「根拠はないと信じています」とそれぞれコメントしている。

〜引用終わり。

■全ては医療ビジネスが潤うため■

数年前、姉妹ブログ「noahnoahの21世紀宝船Blog」にアンジェリーナ・ジョリーさんが乳がん予防のために乳房を切除したニュースについて触れ、個人的に意見を述べたことがありました。その時、子宮頸がんワクチンの問題点についても少し触れました。

http://ameblo.jp/noahnoah1017/entry-11536098273.html

東日本大震災直後、日本国民の多くが混乱した精神状態にある中、テレビでは、政府とAC、そして広告代理店が組んで、女優・仁科亜季子さん母娘を起用したスポットCMを流し、子宮頸がんワクチンの一大キャンペーンを行いました。

そこには有名人が啓蒙活動を行うことで、大衆の意識を動かし、結果、医療ビジネスが莫大な利益をあげるという構図があります。

子宮頸がんワクチンには、「アジュバンド」(免疫賦活剤、免疫増強剤)が添加されていますが、「アジュバンド」は、海外から輸入されているインフルエンザ・ワクチンにも含まれています。これは、ワクチンに効果をもたらすための抗原を免疫細胞に取り込みやすくさせるために用いられます。
しかし、それによりワクチンとしての効果が高まる分、強い痛みなどの副作用が生じる場合があります。しかし、怖いのはそれのみではありません。本来、この「アジュバンド」は、ペットの去勢・避妊薬として開発されたもので、人間に与えると妊娠できなくなるばかりか、不妊治療もできなくなる危険性を含むものなのです。国も製薬会社も間接的に人口増加を抑制したい意図を持っているのかと勘ぐりたくなります。
■方針を変えだした厚生労働省■

こうした事実は、長くマスコミに取り上げられることはありませんでしたが、政府が決めた予防接種法に基づく定期接種が始まってから、子宮頸がんワクチンの接種後に長期的な痛みやしびれを訴える人が相次いだことを受け、慌てた厚生労働省が一時的に接種の推奨を控える方針を決め、現在に至ります。

一時期はワクチン接種を義務付けるほどの勢いで国民を扇動していた政府ですが、現在、厚生労働省のサイトを見ると以下のような緩い表現にとどまっています。
「法に基づくワクチンの接種は強制ではありませんが、一人一人が接種することで、社会全体を守るという側面があるため、対象者はワクチンを接種するよう努めなければならないとされています。 実際に予防接種を受ける際は、ワクチンの有効性とリスクを十分に理解した上で、受けるかどうかご判断ください」
正直、これでは全面禁止措置にはほど遠い、という印象が拭えません。しかも、非常に無責任な表現だと感じます。なぜなら、今後も副作用により被害者が発生するのが予想される上、健康被害が生じた場合、政府が被害者に対してどう償うのかが明言されておらず、あくまでも自己責任を強調しているからです。
■意図するところは人口減らし?■
 今はすでにSNSなどにより情報が拡がりすでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、子宮頸がんワクチン誕生とその背景について改めてまとめると次のようになります。
もともと子宮頸がんのワクチンには、「サーバリックス」「ガーダシル」の2種があり、サーバリックスの製造元は、イギリスの製薬会社グラクソ・スミス・クライン、そして「ガーダシル」はメルク・アンド・カンパニーなるアメリカの製薬会社です。それらが日本に売り込もうと圧力をかけてきたのを日本政府が飲み込むカタチでワクチン接種の一大キャンペーンが張られたと私はみています。
子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)が感染して起こるというのが定説でしたが、早い時期からその説自体も一部で疑問視され、アメリカでも批判的な論文が発表されたりしていました。にもかかわらず、日本国内では早くも2009年にはワクチンが認可され、「サーバリックス」が承認されていない段階から、各政党関係者が公的資金による接種の推進をしてきました。共産党系の団体・新日本婦人の会や公明党、野田聖子元郵政相を中心とする自民党議員、そして民主党議員の人たちです。
しかし、その後、子宮頸がんが必ずしもHPV感染により感染するとは言えず、ワクチンを接種することによって、死亡例や重篤な副作用を生み出す事例が生じたり、先に挙げたアジュバントが含まれていることから、人間に投与すると妊娠できなくなる危険をはらんでいることが指摘され、市民の間でも少しずつ知る人が増え、厚生労働省も態度を変えざるをえなくなりました。
政府のワクチン接種推奨の裏にあるものは、陰謀論として捉えられるか、怪しいけれど証拠がないものとして片付けられがちです。さらには、医療機関や政府関係者の情報操作もあり、嘘やデマ、でまかせなどとして否定工作がされ、マスメディアもバックグラウンドが同じなので、残念ながら真実を伝えることはまずありません。

■正しい情報を集め自己防衛を■

しかし、こうしたことはもはや陰謀論ではないのです。企業は何もボランティアで経済活動をしているわけではなく、利潤を追求するのは彼らにとって正義なのです。その企業が大きな力を持ち、政治家を動かし、国を動かしている現在、政治は経済活動に利用されて当たり前なのです。この資本主義社会においては、いつだって企業の論理が最優先されてしまうのです。

前述のサーバリックスだって、副作用が強く子宮頸がん予防にあまり効果がないことは早いうちから分かっていて発売元のグラクソ・スミスクライン社はとっくに製造を止めていました。諸外国で販売できなくなったサーバリックスの在庫処分場として日本が選ばれ、政府が国民を扇動し、ワクチンを消費したということです。厚生労働省が方針を変えたのも、実はワクチンの在庫が程よく底をついたことを意味するのかもしれません。

私たち国民も各自で正しい情報を収集し、自己防衛しなければならない時代です。
子宮頸がんも、他の癌と同様、早期発見、早期治療が大切なのは言うまでもありません。また、癌細胞になる前の「異形成」という前癌状態から発見することができ、その異形成は5年から10年かけて癌細胞になるそうですが、異形成を持つ人でも約50%はそのまま自然治癒するということです。効果の信憑性が十分でないワクチンをむやみに打つよりも定期健診を重要視し、私たち自身も日頃から自分のカラダと向き合う態度が大切と感じています。
 ⭐️ ほとんどすべての国会議員が子宮頸がんワクチン推奨に賛同する中、たった一人反対する議員がいました。それがこの本の著者・はたもとこさん。彼女は薬剤師。断言するのには、それだけの理由があったのです。国内外の医療現場における実態とデータ、厚生労働省とのやり取り、接種をとりまく社会的背景など・・・「知られざる事実」と「資料」を私たちに提供してくれる一冊。未来のために今「知る」ことが必要です!

子宮頸がんワクチンは必要ありません 定期的な併用検診と適切な治療で予防できます

新品価格
¥1,080から
(2016/4/1 08:26時点)

にほんブログ村 健康ブログへ

★ついでにポチッとして頂けたらうれしいです。ありがとうございます。

にほんブログ村

TAG
スポンサーリンク
AD
AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AD

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA