そのクセには意味があります!


d11fbe4350bb065aaebf44e48b182117_s

人のクセって色々ありますよね。

爪を噛むクセ、貧乏ゆすりするクセ、頭を掻くクセ・・・

あなたは、何かそんなクセをお持ちですか?

■すべてのクセはエネルギーの調整のためにある■

マクロビオティックの観点からいえば、これらのクセもなんらかのエネルギーの調整のために行われると考えられます。クセは、カラダの内部状態を示す独自の表現方法だと捉えているのです。

例えば、人と話している時、何度も同じ手振り身振りを繰り返す人がいます。これは、心理的、身体的、精神的状態を観るのにたいへん有効なカラダからのメッセージだったりするのです。

多くのクセは、本来、自己防衛=自分を何かから守るための行為です。

例えば、肺の機能が低下している場合、その低下している側の肩は、肺を守るために前へ前へと出てきます。また、お母さんのお腹の中にいる胎児のように時々、腕を組む人がいますが、これなどは内側が陰性になって弱っているのを庇おうと、腕を組んで自分を陽性化しようという無意識の表れだったりします。

また、笑う時に左右の笑い顔が対照であれば、それは本心から笑っていると言えますが、もし、顔の左半分が不自然だったり、ぎこちない感じがするならば、それは作り笑いか、本心を隠している笑顔かもしれません。なぜなら、顔の左半分にはその人の本心や本来の感情が表現されやすいから。

■目の動きには意識が表れる■

また、目の動きもその人の意識の状態が表れやすいものです。

例えば・・・

①目線が左上へ動く場合→過去の体験や風景を思い出している。

②目線が左横へ動く場合→過去に聴いたことのある音楽を聞いている。

③目線が左下へ動く場合→考え事をしている。

④目線が右上へ動く場合→イメージを構成している=嘘をついていたり、作り話だったり。

⑤目線が右横へ動く場合→創造力を使ってこれから聴く音がどんな音か考えている。

⑥目線が右下へ動く場合→身体的イメージ、体に関わる体感を思い出している。

こんなことを知って、密かに人を観察してみるとなかなかに面白いものです。

■人は皆、内なる要求を持っている■

また、このほかにも脚を左右どちらかに組むのもカラダの内側の状態を表すサインであり、腸のどちらかにかかる体重を軽くしたいことの表れだったりします。

人間というのは、皆、異なる生き物です。私たちはそれぞれが強さと弱さを持っています。芸術家であれば、陰性傾向が強かったり、運動選手であれば、陽性傾向が強かったり異なる傾向を持ちます。

同じ芸術家でも、陰性傾向の強いタイプであれば、著述や絵画表現を好むでしょうし、陽性傾向の強いタイプであれば、よりカラダを動かす必要のある彫刻やダンスパフォーマンスなどを志向するようになるでしょう。

職業ということで言えば、生まれついての陽性で陰性な食べ物を好む人は、精神的な職業である教師や宗教家、芸術家になる傾向がありますし、生まれついての陰性で陽性な食べ物を好む人は、政治家や起業家、法律家として活躍する傾向があります。


■魔法のメガネを手に入れて世の中を眺めてみよう!■

こうした見方がすべてではありませんが、私たちは日々自分のその時々の陰性・陽性のバランスにおいて、何かを希求し、手に入れて生きています。そう考えると、今、自分にご縁のあるパートナー、家族、職業、趣味から、服、日用品、音楽、書籍にいたるまで、ありとあらゆるものが、自らの内なる要求によって目の前に現れたものであると言えます。

そんな魔法のメガネで、世の中を、そして人々を眺めた時、今まで見えなかった風景が新たに見えてきたりするものです。その魔法のメガネの使い方を教えるのがマクロビオティック。私はそう思っています。

このメガネ、なかなか飽きることなく人生を楽しめるツールです。

あなたもそんなメガネを使って、ご自分のクセについて一度じっくり観察してみませんか?

★マクロビオティック界の重鎮にして生き証人。田中愛子先生のご著書には生きたお知恵がいっぱい!マクロビオティック望診法&レシピで悩みを解消! 体の内側から美しくなるレシピ満載です。

田中愛子の望診法 美人ごはん

新品価格
¥1,728から
(2015/10/2 14:54時点)

★ついでにポチッとして頂けたらうれしいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

TAG
スポンサーリンク
AD
AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AD

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA