来るべき大変化に備える〜見えない戦争


先月、無事開講いたしましたnoahnoah塾。北海道胆振東部地震の発生を受けて、急遽設定し直しましたテーマの「変」(大変化と異常事態を意味します)ですが、関心のある方が多いとみえ、満席御礼となりました。ご受講くださった皆さま、誠にありがとうございました!

当日は、現在、何故ゆえこの世界に戦争、対立、貧困、災害、環境破壊など多くの難問が噴出しているのか?その理由をスピリチュアルかつSF的観点からひも解き、これからの時代に起こりうることをいくつかお話させていただきました。さらに、大変化に対応できる心身へと整えるためのエネルギー療法も実技を交えてお伝えさせていただきました。

講義内容は宇宙人のエピソードや陰謀論的要素も含まれるゆえ、抵抗を感じられた方もあるかもしれません。しかし、お話させていただいたような流れで人類の過去の歴史を眺めると、この世に宗教が起こった理由や、現在の問題の多い政治・経済のシステムが誕生した原因がクリアになるのです。





■「今はすでに戦時中」という意識

お話させていただいた論旨は次のようなものです。

「現在、この国はすでに見えない戦争に巻き込まれている」

・・・私は日頃そんな風に感じています。敵は何も戦闘機に乗って爆撃してきたり、戦車で目の前に立ちはだかるわけではありません。いつだって敵の姿は見えないのです。

それは何十年、何百年、いや何千年という長い長い年月をかけて、じわりじわりと人類の意識や心に影響を与え、現在においては政治や経済、社会システムを通じて民衆をその支配下におくべく駒を進めてきたのです。そして、今、まさにわが国に対してもその完全支配を完成しつつあります。

■TPPと預金封鎖は必ずやって来る

・・・例えば、TPP。

日本政府がTPPに正式に参加表明したことから、今後、さらに大量の GMO食品(遺伝子組み換え)がこの国に入ってきます。しかも、すでに水資源を収奪する目的で海外のグローバル企業が進出してもいます。食べ物と水という人間が生きる上でもっとも大切なものが自ら選べない、そして他者のコントロールの下におかれていくのです。

今後、見えない敵(「闇の勢力」と言っても良いでしょう)は医療、保険、金融の分野においても日本国民に対してさらに食指を伸ばすのは疑いない事実です。現在まで続いてきた経済システムの矛盾も肥大化しています。また、そのほころびを一気に清算するべく金融危機が発生し、銀行の預金封鎖が現実化する可能性も日増しに高まっています。もしそうなれば、紙幣はただの紙切れ。(・・・と言っても、もともとが紙切れだったんですけどね)

現在、ビットコインや仮想通貨などものすごいスピードで進むキャッシュレス化は、その後に世界的規模で実施されるであろう人体へのICチップの埋め込みのための布石です。そうなれば、個人は国家もしくは国家を操る闇の勢力によって管理され、完全に自由意志を剥奪された奴隷として生きるほかありません。

しかし、そうした闇の勢力に対する抵抗勢力も市民の中には存在し、私たちの伺いしれぬところで日夜活動を続けています。まさに善と悪とのせめぎ合い、クライマックスはこれからです。混沌とした状況の中で人類はどのような選択をし、どこへ向かおうとしているのか?

実はそれを決めるのも、私たち人間一人ひとりの「意識」です。

■これからの時代に大切なこと

日々、治療家として仕事を通じ、人と向き合わせて頂いて感じることは、21世紀を迎えてからというもの、個人のみならず人類全体として良くも悪くも意識や志向が急速に変化してきているということ。この大変化のただ中で、人類はまさに滅亡か進化かの二者択一を迫られているように感じます。

・・・でも、決して未来を不安に思うことはありません。

闇の勢力とて、この宇宙が必要あってその存在を許しているわけだし、むしろその存在があるがゆえに民衆に問題意識を呼び覚まし、人類全体の進化のきっかけとなっていると考えられなくもない。

闇の勢力の存在や彼らが意図するところは知りつつも、その支配に屈することなく、強く明るくたくましく困難な時代を生き抜いて、霊的成長を目指すのがこの時代に生きる者の使命であると感じています。

そのためにも、大切なのは二つ。「毎日を意識的に生きること」、そして「健康な心とカラダを保つこと」。これらを日頃から整えておくことは基本中の基本です。

実はここしばらくブログを更新できずにいたのは、この数週間の間に多くの不思議な体験や気づきがありましてね。それを日々自らに問いかけながらその意味をじっと観察していたのです。

・・・そして今、「ある答え」が得られました。

それについては、今後、書くこと、語ること、行じることを通じて私なりに表現してまいりたいと思います。そして、noahnoah塾を通じて必要な情報と方法をしっかりお伝えしてまいります。

これからもどうぞよろしくお付き合いください。

⭐️人間が未来を予測する能力を自ら高めることは可能なのか?そんな問題に真っ向から勝負した一人の研究者がいます。その名はフィリップ E テトロック。世の中には高い確率で予測を的中させる「超予測力を持つ人間」というのが存在します。彼はそうした能力を身につけた人々の特徴を統計的な実験や観察によって事細かに調査し、予測力を高めるための10ケ条として本書で伝えてくれます。この不安定で予測不能な時代、経済学者や政治評論家のみならず、市井に生きる私たち一般人にも必読の一冊!

超予測力 不確実な時代の先を読む10カ条 (早川書房)

にほんブログ村 健康ブログへ

★ついでにポチッとして頂けたらうれしいです。ありがとうございます。

にほんブログ村

TAG
スポンサーリンク
AD
AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AD

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA