私noahnoah、3月に東京で出前講座を開きます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京の代々木上原。かつて、徳川家など旧大名が大邸宅を構え、現在も格式ある豪邸が並ぶ都内屈指の高級住宅街。その一角にひっそりと佇む一件の昭和風建築があります。

暖かな手触りの木製の建材が敷き詰められた外壁。看板には、スッキリとした美しい文字でこう書かれています。

「Kushi Macrobiotic School」

そう、ここは私の長年来の友人、パトリシオ・ガルシア・デ・パレデスがディレクターを務めるクシ・マクロビオティックの学校なのです。マクロビオティックの世界的リーダー、故・久司道夫先生の意思を継ぎ、彼がパートナーのミオ夫人と学校を立ち上げたのは昨年のこと。以来、アットホームな雰囲気の中でマクロビオティックの基本と応用、そして最新のマクロ料理が学べる場所として少しずつその評判が広まっています。

そんなクシ・マクロビオティックスクールで来月、私noahnoahが出前講座を開講させていただくことになりました。今回はそのお知らせです!




■彼との出会いはクシハウス
パトリシオに出会ったのは今から十数年前。私が家族をともなってマクロビオティック(以下、マクロに略)の武者修行のためアメリカへと渡り、久司道夫先生所有の大邸宅、通称「クシハウス」に居候した際、ハウスメイトである彼と知り合いました。

第一印象は、なかなかにイケメンの優男。

その昔、彼のお母さんが深刻な腎臓病を患っていたのをマクロの食事法で完治したのをきっかけに、親子でマクロを学ぶため母国スペインからやってきたとのでした。

観光ビザでアメリカに入り、期限が切れても内緒でマクロの施設に潜伏し、長い年月学んでいたところ、幸運なことに潜伏10年目にして政府からグリーンカードをもらい、なんのおとがめもなしに永住権をとってしまったという不思議な親子なのです。

■誰もが認めるマクロビオティックシェフ&トレーナー
彼のお母さんはマクロの料理講師として活躍し、パトリシオは子供の頃からお母さんの料理する姿を見て育ちました。そして、彼が仕事として選んだのもマクロ教師&料理人。

私たち家族がクシハウスに滞在していた頃、すでにパトリシオはハウス一の料理名人として、ハウスメイトからも絶大な人気を得ていました。ハウスの食事は、ハウスメイト全員が分担制で受け持つのですが、誰もが彼の当番日を心待ちにしていたほどです。

彼は食品倉庫にある食材を上手に使って、毎回、誰もがうっとりするようなマクロビお菓子をデザートに作ってくれました。特に女子などは皆、夢見心地でそれを食べていました。

そんな彼の作ったデザートを食べながら、ハウスメイト皆で食卓を囲んだあの幸せな風景を今でも思い出すことがあります。あの頃は毎晩のように遅くまで三年番茶を飲みながら互いの夢を語り合ったものです。その後、彼はマクロの啓蒙活動のために来日。ミオ夫人と出会い結婚してからはマクロ料理の研究家として本を執筆するなど大活躍。今ではマクロビオティックといえば彼を知らない人がいないほどのシェフ&トレーナーとなりました。

●クシ・マクロビオティックスクール創立者 パトリシオ・ガルシア・デ・パレデス

■講座内容とタイトルが決まりました!
そんなパトリシオから依頼され、札幌という遠隔地に暮らしながら私もスクールのボディワークのプログラム作りと講座を担当させてもらっています。

昨年、東京ではプライベートで「性愛講座」を開講し、大勢の方に参加していただきました。受講してくださった皆さん、本当にありがとうございました。以来、一年ぶりの上京となります。

今回はレベル3対象者向けのボディワーク・レッスンクラスと、一般参加者向けの講座を担当させていただきます。この講座は、私自身が今まで体験してきた出来事をベースに暮らしの中で活用できる生き方のヒントをお伝えするという企画です。色々と考えていくうち、最近やっとテーマが絞れ、タイトルが決まりました。

その名も、ジャーン!!

「からだ、こころ、いのち〜3つを調和させ、人生の苦悩を3分の1にする方法」

・・・そして、コンセプトは次の通りです。

■からだ、こころ、いのち〜3つを調和させ、人生の苦悩を3分の1にする方法
この世界を創り出している源(みなもと)は、一体何だと思いますか?
それは、私たち一人ひとりの意識です。「モノの見方」と言っても良いかもしれません。そこがズレていると世界もズレて見えます。逆に、正しく見ることができれば、世界はあなたの味方になります。

マクロビオティックの陰陽論は、とても役に立つ、人生の旅のツールとなるものですが、それだけでは十分ではありません。ただのコンパスにすぎないのです。それ以上に大切なのは、全体を見渡せる大きな地図を持っていること。そして、時折それを眺め、自分が今どの地点にいるかを把握できることなのです。

道に迷ったり、壁にぶつかったり、溺れかかったりしながら半世紀、この人生行路を歩いてきた私も、ようやく少しその地図が見渡せるようになりました。

この度、マクロビオティックの観点から、人間存在を支える3要素、「からだ」「こころ」「いのち」をどのようにすれば調和させ、この人生を健康で楽しく実りあるものにできるのか、そのヒントをお話しさせていただきます。当日お話しさせていただく要点をまとめると次のようになります。

<当日お話しさせていただく内容>


●20代の神秘体験で私が気がついた大切なこと

●本当は自分なんてものは存在しない

●3という数字には意味がある

●「からだ」「こころ」「いのち」のしくみ

●世界の見方を根本から変えてしまう3つのワーク

●人生とは素晴らしき幻想、そして物語である

<こんなあなたにオススメします!>


●人生で迷子になっている人

●今、問題を抱えていて八方塞がりな人

●なぜ自分が生まれてきたのかわからない人

●人生を遊びと捉えてみたい人

●マクロビオティックが大好きな人

●知的好奇心から生命についてずっと考えている人

●新しい世界の見方を探している人

私の話を聴いていただいた後、あなたの視界から雨雲が消え、広大な風景が現れて、気持ちがほんの少しだけ愉快になってもらえたら嬉しいです。きっと、それまで抱えていた重い荷物もずっと軽くなるはずですから。お近くにお住いの方はぜひいらしてください。なお、お席が限られているためお申し込みはお早めに。

当日、会場であなたの笑顔に出会えるのを楽しみにしています!

*講座のお申し込みはこちらからスクールお申し込みフォーム

講座:「からだ、こころ、いのち〜3つを調和させ、人生の苦悩を3分の1にする方法」


日程:3/17(金)19:00~22:00 (*途中、15分休憩をはさみます)

受講料:5,000円(税込)

講師:noahnoahこと宮本直彦

北海道生まれ、札幌在住。治療家。導引研究家。マクロビオティック教師。祖父の代から続く玄米正食一家に育ち、青年時代、「真に自由で幸福な生き方」をテーマに海外遊学し、さまざまな体験を経てマクロビオティックの素晴らしさに気づく。インド放浪中、九死に一生を得る体験し、以来、宇宙と生命の繋がりについて考えるようになる。2003年、札幌に「Organic cafe 知恵の木」をオープンし、ディレクターとしてマクロビオティックを地域に広めている。

●講師:noahnoahこと宮本直彦

*講座のお申し込みはこちらからスクールお申し込みフォーム

*クシ・マクロビオティックスクールスクール HP

⭐️ 思うに、忙しい今の時代、こういった総合的なセットを活用してみるのもありです。自然食品製造の老舗オーサワジャパン珠玉のラインナップ。食べてみればカラダと意識の変化をきっとあなたも感じられるはず!

>マクロビオティック入門食品 一週間体験セット(2箱セット)

価格:29,895円
(2017/2/24 07:01時点)
感想(0件)

にほんブログ村 健康ブログへ

★ついでにポチッとして頂けたらうれしいです。ありがとうございます。

にほんブログ

TAG
スポンサーリンク
AD
AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AD

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA