🍀 Organic cafe 知恵の木は 札幌にある美味しいオーガニックコーヒーとランチの店です!

関心事

1/8ページ

時代の大転換期に

つくづく思う。私たちは面白い時代に生まれてきたものだ。間違いなく今、世界は時代の大転換期を迎えている。 数百年以上にわたり地球人類を支配してきたルールが変わり、これからは国も、地域も、私たち一人ひとりの暮らしも今までとは大きく異なるものになるだろう。 第28代アメリカ合衆国大統領のウィルソンは晩年になって、「ある組織」に関与したことを嘆いて次のように述べた。 「私はうっかり、自分の国を滅亡させてし […]

いつかは行きたいゴミ処理場

死ぬ前に一度は訪れてみたいと思っているゴミ処理場が日本国内にある。大阪市が運営するごみ処理場「舞洲工場」だ。その派手な外観から、USJと勘違いする人もいるらしい。完成は2001年の事。609億円の事業費をかけて建設されたという。 この設計者が私の大好きな芸術家なのだ。オーストリア出身のフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーは自然保護建築家としても有名で、世界各地に彼の作品がある。彼自身、日本が大 […]

腸の呼び名

案外、英語から引用されて日本の常用語になってしまったものは多い。 例えば、「腸」は英語で何というか? 医学用語だと「Intestines」だが、俗名は「Gut」だ。日常会話で「ガッツ」といえば、根性や勇気などの意味で使われる。ラケットや弦楽器の弦もヒツジなどの腸から作られているので「ガット」と呼ぶ。腸には身体の中心とか、重要な場所といったイメージがある。だから「肝が座っている」とか、「腹ができてい […]

トランプ劇場は続くよ

それにしてもトランプ元大統領の粘り強さには驚かされる。不正選挙による退任(と見せて)からすでに半年以上経つが、着実に世界を変えるべく動いている。先日もTwitter、Facebook、Googleを相手に集団訴訟を開始した。そのほかにも並行して行われている事には次のものがある。 ・軍事作戦によるDS側悪人の逮捕・人民救出・闇基地の破棄 ・量子コンピュータを用いたQFSシステム ・不正選挙再集計によ […]

マイク・リンデルの気になる呟き

アメリカの実業家マイク・リンデルがTikTokの投稿で非常に意味深な内容を呟いている。彼は、枕や寝具の製造会社My PillowのCEOとして知られるが、熱心なトランプ元大統領の支持者でもある。 今年2月にCNN系のニュース番組放送中、インタビューで突然、大統領選挙の不正について話し始めた彼は司会者によりインタビューを無理矢理打ち切られた過去を持つ。 先日、そんな彼が車の中でこう語る映像をネットで […]

エネルギーとは場における傾斜である

苫米地英人がエネルギーについての面白い説明をしていた。 水車が何故回るかと言えば、最初に巨大な太陽があり、熱エネルギーが地球に放射されて海水温は上がり、海水が水蒸気になって上昇、それによってできた雨雲は位置エネルギーを得る。そして一定量に達すると雨となり地上に降り注ぐ。山の高所に溜まり位置エネルギーを得た水は川となって低い位置へと流れてくる。人はその川の流れを利用して水車を回し、その力を利用して電 […]

普通の人ほど面白い!竹取翁博物館・小泉館長

ネット時代になってから殆どテレビを見なくなった。するとわかる、世の中には有名人より面白い人がごまんといる事を。 京都に竹取翁博物館がある。そこの館長・小泉芳孝さんもその一人だ。歴史マニアの彼は、若い頃から自費で世界中を回り教科書には記されていない裏の歴史を調べ、自著やYouTubeで紹介されている。 彼に惹かれ、日本中からちょっと変わった人達が博物館を訪ねてくる。TouTubeではその模様を拝見で […]

え?トランプ大統領復活?

世間には2つのタイプの人間が存在する。一つはトランプ元大統領が嫌いな人間。もう一つは好きな人間。私は後者だ。なぜなら、大きな敵に迎合せずに戦っているように思えるから。 彼は世間的には失職後、表舞台から姿を消したように思われているが、ネットでトランプ支持層のテレグラムを見ていると、やがて彼が大統領として間もなく復活する事を示唆している。 これまで何度も潰されてきたが、この度は軍が動く事になりそうだ。 […]

沢田研二と妖怪ハンター

嬉しいニュースを耳にした。大好きな異色の漫画家・諸星大二郎先生の代表作に『妖怪ハンター』という作品があり、それを塚本晋也が実写化した映画がこの度、デジタル修復され、来月から東京のテアトル新宿を皮切りに全国で順次公開予定とのこと。 主人公の考古学者を沢田研二が演じた作品で、諸星ファンである私が見逃すわけないのだが、それが公開されたのは91年。その年、私は世界一周の旅に出ていて日本にいなかった。帰国後 […]

大和言葉に秘められしもの

民族が継承してきたものに「言葉」がある。元来、自然を尊び、綺麗な言葉を使う民族には魔が入り込まないという。しかし、今の日本は意図的に破壊されてきた。 例えば、日本語の母音となる「あいうえお 」の一つひとつの音にはそれぞれの役割があり、一つひとつのDNAに響くよう設計されている。ひらがな48音はプレアデス星団のある星から地球に持ち込まれ、それを縄文人が受け継ぎ、さらに日本人が受け継いだという説もある […]

1 8