🍀 Organic cafe 知恵の木は 札幌にある美味しいオーガニックコーヒーとランチの店です!

Art

1/2ページ

金子みすゞの詩に感涙

Art

北海道立文学館で開催中の「金子みすゞ展」に行ってきた。私は趣味でひらがなだけを用いた詩を書いているのだが、彼女の作品にも平易な言葉を用いた素晴らしい詩が多数あり、その才能と表現力にはある種の憧れがある。そんなわけだから、本展の開催もずっと心待ちにしていた。 会場ではみすゞの生い立ちから結婚、離婚、そして26歳の若さで死去する迄のプロファイルが丁寧に解説され、時系列に沿って創作された詩が紹介されてい […]

イッセイさん、ありがとう!

デザイナーの三宅一生さんが亡くなった。一生さんの服は若い頃から憧れだった。高校生の頃、学校帰りに制服のまま立ち寄ったデパートのメンズフロアの一角に「イッセイ・ミヤケ・ザ・シャツ」の店舗があって、陳列されたシャツの美しさに衝撃を受けて以来、三宅一生の名前と彼の手による作品は、私にとって最先端のモードの象徴となった。 刺し子やかすりなど、日本の伝統技法を取り入れた独特な布地の風合いと、カッティングの美 […]

知恵の木で作品展・namaさんの『Fruits Punch』!

7月である。夏本番である。札幌もジメジメと湿度が高く気温が高い日が続いている。こんな時、爽やかな柑橘系フルーツみたいなアート作品に触れて涼を取るなんてのはいかがだろう?先月まで開催されていたジルベルトゆうき氏の詩画展に変わり、本日からオーガニックカフェ知恵の木では、札幌在住のアーティストnamaさんの作品展を約2週間にわたって開催する。展覧会のテーマはズバリ『Fruit Punch』。果物をモチー […]

ひらがな詩人ジルベルトゆうきの詩画展

昨日からOrganic cafe 知恵の木で開催している展覧会がある。長年来の知人であるジルベルトゆうき氏の詩画展「ひらがなし うちゅう」がそれだ。彼は、南米最南端の小国フラシルのデズノバスシダズ町に日系4世12人兄弟の長男として生まれた。子どもの頃から小野リサの音楽を子守唄代わりに、ひらがなとボサノバに囲まれて育った。ある時、遠くブラジルに暮らす叔父が、世界的に有名な「ボサノバの神様」ジョアン・ […]

魂の重さ

Art

魂に重量がある事を、以前ある画家の展覧会で知った。展覧会のタイトルが『21g』だったので画家に理由を訊ねたところ返ってきたのが「魂の重さ」という答えだった。 今をさかのぼること百年前、アメリカの医師マクドゥーガル博士が一連の実験を行なった。瀕死の結核患者が横たわるベッドを秤で計量し、死の直後の体重の変化を調べたのだ。死後、時間が経つにつれ遺体は軽くなった。そこで博士は死後に失われる体液やガスも考慮 […]

閉館ギリギリのバンクシー展

Art

昨日、仕事が終わってから妻と待ち合わせして話題のバンクシー展に行ってきた。バンクシーはイギリスを拠点に活動する覆面アーティストだ。世界中のストリートや壁に政治性あるメッセージを含んだ作品を残す。 しかし仕事が立て込んでしまい、入場したのは閉館30分前。会場は以前劇団四季の公演で使われた劇場ゆえ思いのほか大きく、展示作品の数もかなりの量。しかも作品は一般的なアートに比べ、ただ眺めるだけでなく知識を用 […]

アナスタシアが送ってくれた音楽

ロシアの友人アナスタシアは多芸多才。一体何者だろう?と思う程多くの異なる顔を持つ。 音楽家、詩人、マルチリンガル(ロシア語・英語・日本語・中国語を自由に使いこなす)、画家、折り紙作家、朗読ナレーター、そしてUFO研究家…。どのジャンルもクオリティが高く一般素人のレベルじゃない。おまけに美女ときている。彼女こそ宇宙人ではないか? そんな彼女が、「新しい作品ができたので聴いてください」と言って、先日、 […]

粘菌アートに魅せられて

Art

昔、南方熊楠に興味を持った。彼は生物学者としては「粘菌」の研究で知られている。粘菌とは、多細胞性の子実体を形成するアメーバの総称だ。マニアックな生物を研究する熊楠のマニアックな生き方に若い頃の私はとても惹かれた。 最近、粘菌の魅力に取り憑かれた若きアーティストの存在を知った。東京大学大学院博士過程の齋藤帆奈さん。彼女は学者でありながら、粘菌アートにも挑戦し、美しい作品を制作している。 食用色素で染 […]

春をよぶ風・仲浩克油彩画展

札幌を拠点に活躍する油彩画家・仲浩克さんの展覧会を3月1日からオーガニックカフェ知恵の木にて開催致します。 仲画伯は、絵を描くのが好きなあまり、人生半ばでそれまでの会社員生活をきっぱり捨て、ほぼ独学で画家となった異色の芸術家。道内の身近な風景をモチーフに印象派風に油彩で表現するのが特徴です。今回、知恵の木ではそんな画伯の作品の中から、春を感じさせる優しくて温かな風景を選んで展示致します。 展覧会の […]

地方都市に暮らす事が悔やまれて仕方がない楳図かずお大美術展

Art

昔から取り立てて東京に暮らしたいと思う事のない私ではあるが、時折、地方都市・札幌に暮らしているのを心底後悔する。 先日もある展覧会が東京で開催されるのを知り、地団駄踏んだ。その展覧会とは「楳図かずお大美術展」。 先生を最初に知ったのは、小3の時、少年サンデーに連載されていた『漂流教室』。今まで見た事ない不思議な画風と、荒廃した未来に生徒もろとも学校の校舎が飛ばされてしまうという奇想天外な発想に完全 […]