🍀 Organic cafe 知恵の木は 札幌にある美味しいオーガニックコーヒーとランチの店です!

精神世界のようなもの

1/2ページ

氣を読み取る民族

かつての日本人ほど、目に見えないものを感じ取る優れた感性を持った民族はいないのではないか。気心、元気、勝ち気、弱気、負けん気…。「気」を含む言葉の多さがそれを表している。 気は目に見えない。しかし、確実に存在する。 言葉も目に見えない、が耳で聞く事はできる。しかし、言葉ほど当てにならないものはない。なぜなら、嘘をつくから。自分を守るために、人は簡単に嘘をつく。しかし、気は嘘をつく事はできない。その […]

神無月にフラペチーノ飲みながら

思うに、人に起る全ての事は、その人の内なる世界を映し出しているのではないか。 私たちが見る全ては、私たちの内なる世界を映し出している。あなたが住む世界は、あなた自身の魂が反映されたものであり、今私が住んでいる環境は、私自身の内面が反映されたもの。 人生も、環境も、世界も、全てを私たち自身が選択し、創り出している。良い事も、悪い事も、した事は自分に帰ってくるし、自分の外に原因はない。 今の人生を、今 […]

ご利益を創造する脳

招き猫、お守り、パワーストーンにラッキーアイテム…。世には数えきれない程の開運グッズがある。ある人は「効く」と言うし、ある人は「あんなの気休めだよ」と言う。さて、どちらが本当だろう? 私はどちらも本当だと思う。 知人にこんな人がいた。30代の頃、20歳の若い女の子から年賀状をもらったことがあり、もうそれだけで嬉しくなり、元気になったそうだ。以来、仕事で上手くいかなかった時に、それを眺めると落ち込ま […]

口先だけが天国に行く

とどのつまり、思考も言葉も表面的なラベルに過ぎない。肝心なのは、そのラベルがどういう 「行動」に貼られているのか?である。思考や言葉がどういう行動とセットになっているのか?それが重要なのだ。 行動は、顕在意識によって創られるものではない。それは常に人の潜在意識が正直に反映されるものなのだ。顕在意識の思考がどう考えていようと、言葉ではどういうことを言おうと、潜在意識に沿わず、心が抵抗するようなことは […]

行動の奥にある親玉

人間は毎日行動する。しかし、その行動の奥には、そうなるよう仕向けている親玉が存在する。それが何かと言えば、「意識」だ。意識にも顕在意識と潜在意識があるが、潜在意識がより重要。 思考、言葉、行動。これらは自分の現実を創る上でとても大きな意味を持つが、それ以上に重要なのが潜在意識なのだ。潜在意識とは、心が無意識のうちにそうだと感じている「観念」と言い換える事もできる。 思考レベルで決めた行動と観念のレ […]

光の仕事に繋がる

あらゆる仕事は、本来、愛であり光である。人は誰でも夢を見る。そして、その夢を実現したいと願う。夢を実現へと結ぶのは「行為」であり、他人や社会に役立つそれを「仕事」と呼ぶ。 ゆえに人が自分の夢を生きる事は、いつか世界に光をもたらす行為に繋がる。 ただ食べるために働く仕事は「ライスワーク」。好きな事が仕事になるのは「ライクワーク」。そして一生の仕事になるのが「ライフワーク」。 さらに世界に光をもたらす […]

人間も次元上昇する

スピ系の世界で盛んに言われてきた「次元上昇」なるものは確かに存在すると確信している。人々の意識や社会の事象を観察してみると、二昔前、いや一昔前と比べても大きく変化しているのを感じるから。 人間を除く自然界の生命種は、あるがままの姿で生きているがゆえ、この次元上昇に同調して個体の波動値が高くなり、一層調和を深めているように感じる。例えば、植物の葉の茂る密度が以前よりも遙かに濃密だったり、光合成活動が […]

瞑想で気をつけるべきこと

どんなものにも落とし穴はある。例えば、禅の修行者が中途半端に能力を覚醒した際、意識の拡張により自我が肥大し精神バランスを崩したりするが、この事を仏教では「魔境」と呼ぶ。 具体的には、瞑想により仏陀や如来が現れ、自分ほど凄い人間はいないと思い込んでしまうのだ。そんな時は「槍で突き刺せ」「仏見たなら仏を殺せ」と仏教では教えている。 実際に光のようなものが現れても、それは単なる脳内の視覚野の発火現象であ […]

意識のレッスン

日常の中で続けていることがある。それは「意識のレッスン」。 たとえば、水を飲む時、水の中に神を感じ、ご飯を食べる時はご飯の中に神を感じ、人と接する時にはその人の中に神を感じ、それがしっかり受容できると自分の心に癒しがもたらされる。 これにより、心は対象と繋がり、対象の背後に存在する巨大な宇宙の叡智と繋がる、ように感じている。 私たちの肉体も含め、目に見える物質世界は、すべてその叡智により生かされて […]

宇宙の法則について

本屋に行くとやたら目につくのが、「宇宙法則」について書かれた本。このブームは、故人である小林正観氏の書籍が火付け役となり、交流のあった斉藤一人氏に引き継がれた。 宇宙法則は確かにある。その人に真の功徳と正気さえあれば、それなりの報いは必ずあり、願いは叶う。しかし、功徳と正気がなければ何もない。 ならば、功徳と正気を持つ為に有効な方法は何か?という事で多くの人が思い思いの方法を説いている。それが昨今 […]