🍀 Organic cafe 知恵の木は 札幌にある美味しいオーガニックコーヒーとランチの店です!

精神世界のようなもの

1/2ページ

意識のレッスン

日常の中で続けていることがある。それは「意識のレッスン」。 たとえば、水を飲む時、水の中に神を感じ、ご飯を食べる時はご飯の中に神を感じ、人と接する時にはその人の中に神を感じ、それがしっかり受容できると自分の心に癒しがもたらされる。 これにより、心は対象と繋がり、対象の背後に存在する巨大な宇宙の叡智と繋がる、ように感じている。 私たちの肉体も含め、目に見える物質世界は、すべてその叡智により生かされて […]

宇宙の法則について

本屋に行くとやたら目につくのが、「宇宙法則」について書かれた本。このブームは、故人である小林正観氏の書籍が火付け役となり、交流のあった斉藤一人氏に引き継がれた。 宇宙法則は確かにある。その人に真の功徳と正気さえあれば、それなりの報いは必ずあり、願いは叶う。しかし、功徳と正気がなければ何もない。 ならば、功徳と正気を持つ為に有効な方法は何か?という事で多くの人が思い思いの方法を説いている。それが昨今 […]

ビンビンに感じるハートチャクラの重要性

最近、ハートチャクラの重要性を強く感じている。ここは「愛」の感情と関係が深い為、活性化すると、他者を丸ごと愛せるようになり、生きとし生けるものすべてに対する大きな愛へと広げていくことができるのだ。 真理に気づけば、この世にあるのは実に「愛」だけだとわかる。たとえ花一輪でも心の底から愛する時、体中の細胞は皆その愛に運び去られ、後には何も残らない。無になり、空になったその時、地上と天上は一つになる。 […]

あなたは何を差し出しますか?

思うに、自分と宇宙はいつだって繋がっている。それゆえ、自分が大きく変わりたい時には何かを宇宙に差し出す必要がある。聖書に出てくるアブラハムのように。彼は愛する一人息子を生贄として神に差し出し、信仰心を示した。 大きく自分が進化したい時に、宇宙はいつだって問いかけている。「その願いを叶えよう。では、それを得る代わりにきみは何を差し出すの?」って。新しい未来を手に入れようと思うなら何かを代償として支払 […]

気の世界に遊ぶ

この頃、つくづく人間の存在は「気」が土台だなと感じている。自らの気分が自分及び周囲に影響を与えている事を実感するのだ。例えば、こんな実験でそれを体感できる。 協力者を見つけて相手の腕に触れ、次の3パターンの触れ方をしてどのように感じるか相手にそれぞれ訊ねてみる。 ①ただ相手を触れているという意識で触れる。 ②相手の幸せを願う意識で触れる。 ③相手の幸せを願いながら触れ、力みを抜く。 この差は歴然。 […]

チャクラを覚醒させるには?

普段、チャクラを意識して生活している。自分自身のエネルギーを調律する事はもちろん、治療のクライアントさんにもチャクラ調整をする場合があるから。 このチャクラだが、覚醒する事がある。覚醒すると心に一切の迷いがなくなる。私たちは生活で五感を活用し、楽しみを得ている。五感とは、見る・聞く・触る・味わう・嗅ぐ。しかし、五感を使った快楽ばかり追い求めると外側にだけ意識が向き、内側に向かずアンバランスだ。そこ […]

内なる声に従う

色々な方面で言われることだが、自分の内なる要求に従う事は大切だ。今、自分は思考に従っているのか?心に従っているのか?身体の要求に従っているのか?それをチェックしてみる。 幸せになる為に最も大切なのは内なる要求。それは身体が伝えている。しかし多くの人は思考に頼り、本来の反応をなおざりにする。 日常の自然な身体の要求をなおざりにすれば、命に関わる事や望まぬ現実までも引き寄せてしまう。喉の渇きを我慢すれ […]

今日一日を気分良く生きる

全ての現象は意識がその大元にある。意識のあり様により現れる現実も異なってくる。だから今この瞬間どんな心境でいるかがとても大切。 自分なんて価値がないと感じれば益々それを強調する出来事が現れるし、自分はなんて幸せなんだと感じれば益々それを実感する出来事が現れる。 ポジティブ思考が良いといってもあまり現実とかけ離れた状況を無理にイメージしては潜在意識レベルでこれは本当の自分ではないと感じて願望は叶わな […]

心が落ち込んだ時には

人間だもの、落ち込む事はある。でも心が静かになると大きな問題だと思っていた事が実は小さな事だったと気づく。 なぜ大きいと思ったか?それは拘りだ。拘りを持つとそれが苦しみの種になる。対象に実体はないと気づけば苦しみは心から消える。 鋼のような心を持ちたいと誰もが願う。しかし鋼より強い金属に打たれれば凹む。ならばゴムのような柔らかな心を持ちたいと願う。しかしゴムとてナイフで切られればひとたまりもない。 […]

身口意の三業

人間の行為は、身体から起こるもの、口から起こるもの、思いから起こるものの3つがあり、身口意の三業と呼ぶ。これらを上手く用いると人は解脱に至るとブッダは言った。 行動と言葉と心を全て一致させれば良いのである。「私は歩きたい」と思い、「私は歩きます」と言って、実際に歩けば全ては一致し解脱に一歩近づいたことになる。 ところが「私は歩きたい」と思い、「私は掃除します」と言って、実際はゲームをしていたらこれ […]