🍀 Organic cafe 知恵の木は 札幌にある美味しいオーガニックコーヒーとランチの店です!

思想のようなもの

1/2ページ

この世はパラレルワールド

つくづく思う、この世はパラレルワールドであると。人が70億人いれば70億通りの人生があり、70億通りのモノの見方が存在する。同じ場所にいてもその人の視点や価値観によってそれぞれが見ている風景や体験する世界は異なる。 現在、全国のコロナ陽性者が凄い勢いで増えているが、コロナを怖いと捉えて不安に思う人がいるかと思えば、ただの風邪のように捉えて鼻歌歌いながら呑気に暮らす人がいる。トランプ大統領を正義の味 […]

快と不快の法則

人間は長い歴史の中で共同生活を営みながら他者とうまく協調する術を学んできた。その根本にあるのは「快適」か「不快」かという感情だ。それによって物事を判断し、常に快適な行動を選んでいる。 例えば、人からモノをプレゼントされるのは嬉しく快適な事。けれど、自分だけ一方的にもらい続けていると何か不公平を感じて不安になる。で、お返しをする。相手が喜ぶとこちらも嬉しくなって快適を得る。そして快は社会を循環する。 […]

都合の良い生きもの

思うに、人間ほど自分に都合良く考える生きものもいないのではないか。微生物達が行う有機物の分解作業を都合の良い場合には「発酵」と呼び、都合の悪い場合には「腐敗」と呼ぶ。 他の生きものに迷惑がかかっても自分達に都合の良い場合には「開発」と呼び、一部の人達に都合の悪い場合には「環境破壊」と呼ぶ。 自然を守ろうと叫びながら、アースデイにはガソリン燃やして大勢が移動、集会して草花を踏みつけどんちゃん騒ぎ。家 […]

色即是空

文化庁の調査によると日本で信仰を持つ人は総人口のおよそ半分。うち約48%は仏教徒だという。しかし、ブッダの教えが国民の暮らしに充分浸透しているように感じられないのは何故なんだろう? もちろん日本人の多くは亡くなると仏式の葬式で僧侶にお経を唱えてもらう事だろう。けれど、肝心なのは生きている時にどんな思いで生きるかの方にある。ブッダの教えには、その為に役に立つ考え方が豊富にあるのだ。 私自身、正式な仏 […]

心の中の月と太陽

日常に突然現れるハイな気分。我を忘れ周囲の世界と一つに融合したような不思議な恍惚感。その時、人は肉体だけの存在ではない事を知る。 困難な仕事を成し遂げた時、スポーツで力を出し切った時、好きなライヴで熱狂した時、愛する人と一つになった時、ハイはやって来る。 アメリカの医師アンドルー・ワイル氏は「ハイな状態の基盤になるのは心の中の太陽的な働きと月的な働きとの間で行われるエネルギーの交流である」と言う。 […]

変身願望

人は毎日のルーティンワークに慣れ過ぎると創造性が失われる。自分はせいぜいこんなもんだと勝手に点数をつけて安住してしまう癖がある。それにより新しい事を生み出す気力も機会も無くしてしまうのはあまりにも悲しい。 だからこそ日本人は昔から暮らしの中にハレとケを設けて意識的に非日常を創り出し、祭りに没頭して再び日常を続けるエネルギーを得ていたのだろう。 気分転換はいわば変身することに等しい。アメリカの精神療 […]

言葉の危うさ

人は話せば分かるというが本当だろうか?逆に言葉ほど誤解を生み出すものもないのではないか? 言葉には3つの意味が混ざり合って存在する。言葉本来の意味。話す側の主観的な意味。それを聞く側の主観的な意味。 人間同士の会話はこれらの要素が複雑に絡まりながら進んでいく。結果、話せば話すほど誤解が生じてこじれる場合も少なくない。 例えば「カサナイヨ」と言われて、傘がないのか、貸さないのかは、状況と話す相手の意 […]

植物と動物

異なる2つのものは双極的で相補的だ。どちらか一つでは成り立たない。男と女がそうであるように。植物と動物も全く異なる性質でありながら相手なしでは存在できない。 植物は自分で光合成により栄養を作るが、動物はそれを食べて間接的に利用する。植物は二酸化炭素から酸素を作り、動物がそれを吸って二酸化炭素を吐き出す。植物の多くは緑色をしてるが、それを食べる動物の血は赤色でそれらは補色の関係にある。植物は下(根) […]

健康病

健康病という言葉がある。健康であろうとして何から何まで気をつかい過ぎてかえって悪くなることを戒めた言葉だ。患者さんの中でも自分の病気を不安視する人ほど治りにくい。 人間、満足して死ぬには十分に生きてから死ぬことだ。その為には病気で死なないことが大切。人間の身体には自然治癒力があるから病気は必ず治る。傷ができても血が固まり、新しい皮膚ができて治る。同じように病気も治る。 死ぬのは神様が下さった寿命が […]

幸せの青い鳥

幸せはいつも落差から生まれる。一個の塩むすびが旨いのは長く空腹が続いたから。今が退屈なのは長く満たされ続けたから。 氷に浸けた手でぬるま湯に触れれば熱湯に感じ、熱湯に浸けた手でぬるま湯に触れれば冷水に感じる、それが人間。 幸せになる程簡単なことはない。長く眠るのを禁じられた後、眠るのを許されれば良い。逆に不幸せになろうと思うなら好きな人とかた時も離れずいつも一緒にいれば良い。 心はいつも今ないもの […]