🍀 Organic cafe 知恵の木は 札幌にある美味しいオーガニックコーヒーとランチの店です!

出来事

1/12ページ

イッセイさん、ありがとう!

デザイナーの三宅一生さんが亡くなった。一生さんの服は若い頃から憧れだった。高校生の頃、学校帰りに制服のまま立ち寄ったデパートのメンズフロアの一角に「イッセイ・ミヤケ・ザ・シャツ」の店舗があって、陳列されたシャツの美しさに衝撃を受けて以来、三宅一生の名前と彼の手による作品は、私にとって最先端のモードの象徴となった。 刺し子やかすりなど、日本の伝統技法を取り入れた独特な布地の風合いと、カッティングの美 […]

オリビア・ニュートン・ジョン〜声の記憶

歌手のオリビア・ニュートン・ジョンが亡くなった。73歳だった。 今から30年以上も昔、まだ私が20代だった頃、電話で彼女と直接話をした事がある。明るく可愛らしい口調に加え、その声の美しさは今でも私の記憶の中に強く残っている。 当時、私は長く海外を旅していた。その旅の途中、縁あってマクロビオティックという食養法の世界的リーダー・久司道夫先生のボストンのご自宅に居候させて頂き、食養法を学んでいた。家賃 […]

札幌の名店 RUTH LOWE 藻岩店さん、ありがとう!〜知恵の木でユーズド食器のサマーセール!

あなたはご存知だろうか?札幌のシンボル藻岩山の麓に建つ一軒のレンガ造りのレストランを。その店の名は「RUTH LOWE」。それはトロント生まれの女性シンガーソングライターの名前でもある。 30年前にオープンしたこの店は、ヨーロッパの街角にあるような赤いレンガのファサードと白樺の木をぐるりと囲んだ大きなテラスがとても印象的だった。家具や調度品、食器や店内で販売されているものの全てが本物だった。本物だ […]

ロシアのヤバい情報統制

現在、ロシアの友人アーナと連絡が取れない状態が長く続いている。ロシア国内の情報統制の状況がかなりヤバいのだ。例えば、ロシア人が友人から届いたウクライナの現状に関する動画をSNSに投稿するだけで、何と禁錮15年の刑を食らう。罪状はフェイク情報を拡散した罪となる。実際に起きているありのままを投稿しただけで簡単に逮捕されてしまうのだ。 フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSも次々に規制が […]

取捨選択すべきは情報

現代は沢山の情報に溢れている。しかしそれらの情報は取捨選択すべき、と思う。情報には様々な形があり、中には自分でどうにもできない情報というのもある。それをいくら情報として入れたとしても、無力感ばかり広がっていく。 例えば、世界ではいつもどこかで戦争が起こっている。だがそれをずーっと見ていると、私たちができる事は何もない気がして無気力感でいっぱいになる。人は見ているものに必ず影響を受けるから、影響を受 […]

おかしな気象とこれからの変化

もう7月だというのに気象がおかしい。まるで梅雨のようなジメジメした空気。近年、北海道はこの時期ずっとこんな感じで「蝦夷梅雨」が言われるようになって久しい。また今年、本州では梅雨明けが異常な程早いと驚きをもって報道された。 この原因、思うに今年1月に起こったトンガ沖の海底火山巨大噴火や5月に起こったカムチャッカ半島の大噴火による影響ではないだろうか?カムチャッカの噴煙は15キロの高さにも達した。それ […]

遅れて届いた驚きの銘酒

昨日、一つの小包が届いた。送り主は遠く金沢に暮らす娘からだった。昨年春に念願の大学に合格し、自炊しながら通っている娘だ。 重い箱を開けると、2本の日本酒とメッセージカードが入っていた。読んでみると何やら父の日のプレゼントであるとの事。遅れてしまった詫びと、夏に帰省したら一緒に飲みに行こうと書いてある。ラベルのデザインから察するにこれはかなりお高い酒とみた。バイトしながらのカツカツの生活で余裕などな […]

戦争は一大国際兵器見本市

戦争が思いのほか長引いている。イギリスはウクライナに軍隊を派遣し、最新兵器の操作方法をウクライナ兵士に教える学校を開設するそうだ。ネットニュースを見る限り、西側の欧米製兵器はロシアの旧式兵器に対してかなりの戦果を発揮している。 ロシアは今まで安価で低性能の兵器を、発展途上国及び中国に提供してきたが、ロシアの兵器を購入した国は、きっと欧米の兵器を持った国には敵わないと感じているのではないか。 いつだ […]

ランドセルコロコロ

今の世の中、商売、商売。何でも商品化される時代。先日、ネットでなんと小学生向けに製造されたランドセルの為のキャリアーを目にした私は驚いた。その名も「さんぽセル」。見た目はただの2本の棒。これをランドセルに取り付け、いつでもキャリー化できる商品との事。しかし、商品発売直後、1000件超の批判コメントが殺到したという。しかも、コメント主は皆、使用しない大人たち。 面白いのは開発したのが、ランドセル使用 […]

ブックマッチよ!ありがとう!

最近、少しさみしいニュースを聞いた。世の中からブックマッチがなくなるというのだ。ブックマッチとは2つ折りのカバーに紙マッチを挟み込んだもので表面にはカフェの広告が印刷されたまさに昭和時代の産物。製造元である日東社は、半世紀にわたり作り続けてきたそれを6月受注分を最後に製造終了する。 私は独身時代、喫煙者であった。女の子の前でいかにマッチをカッコ良く擦ってタバコに火をつけるか。そのために人知れず日夜 […]

1 12