🍀 Organic cafe 知恵の木は 札幌にある美味しいオーガニックコーヒーとランチの店です!

出来事

1/7ページ

亀と暮らす

まさか自分がペットを飼うことになるとは思わなかった。しかも、全長23センチもあるミシシッピアカミミガメを飼うことになるとは。 わが家は家庭の事情から長く動物を飼うことができずにいた。しかし、13年前に長男が懇願したことから亀を飼うのを許可した。なんでも中学のクラス担任が子亀の頃から飼っていたのが大きくなり過ぎ、クラスで代わりに飼ってくれる子がいないか挙手を求めたところ、全く手が挙がらず、担任と亀を […]

オリンピック開会式に思うこと

あらゆるものには、裏と表がある。良い面も悪い面も両方あるのがモノゴトだ。最近ほとんどテレビを見ない私が昨夜は東京オリンピックの開会式を見た。 今回ほど、オリンピックの持つ問題点と権力構造の歪みを国民に可視化させた大会はなかったのではないか?直前まで何人もの担当責任者が世論の批判を浴びて辞任したり、放映権の都合により猛暑の真夏の開催だったり、会場決定についても多額のカネが動いたとも言われている。しか […]

コロナ禍でV字回復する業界

情報収集にネットを活用している。海外ニュースや海外在住の邦人ブログなど、気になるコンテンツに登録してそれらを参考に自分なりの視点から世界を眺める事ができる。そこで見えてくるのは、いかに一般メディアの情報が一面的で偏ったものであるか、という点だ。 中国在住で製造業に関わるある邦人の記事によると、中国政府は徹底管理でコロナを抑え込み、昨年春の段階で市民の自粛は解除された。以降、自身の企業の受注が急増、 […]

ブログ更新できない理由

暫くブログ更新できずにいたのにはワケがある。2冊目の電子書籍出版目前にトラブル発生!その解決に全精力と時間を注いでいたからだ。 記事を書き上げ、データをEPUBファイルに変換する過程で何度行ってもエラーが出て読み取ることができず泣きそうになった。ところが昨日、やっと原因を発見した!文章を一行空ける場合、プログラミング言語を用いて〈br/〉と打たねばならないのを、私はどういうわけか〈br〉と打ってい […]

どこにかけていくべきか迷う丸山敬太の眼鏡

困った買い物をしてしまうことがある。先日、近所のスーパーを利用した際、テナントの眼鏡屋が閉店セールをしており立ち寄ってみた。 無難なデザインのフレームばかり並ぶ中、やたらと異彩を放つ派手な一本を見つけた。白黒のマーブル模様で縁が宮川大輔のそれ位に太く、ツルの部分に5つのシルバーの星があしらわれている超個性的な眼鏡だ。 手に取り、細部を見るとツルの内側に「KEITA MARUYAMA」の文字が。あの […]

二階・妖怪・もういいかい

二階俊博。日本の政界は今、この男によって牛耳られている。日本には多くの「村」があり、利権が巣食うがゆえ、人や金が大量に集まる仕組みがある。政治家になり、良い地位を得れば、この村を利用して私腹を肥やすことができる。彼は少なく見積もっても3つの村の村長だ。1.土地改良村、2.国土強靭化村、3.観光村。 農林土木、建設土木、観光の分野でいかに利権を吸ってきたことか。不要な土地改良をダラダラ続け、地震に対 […]

巨木のならおと出会う

私には何人か、いや何本か、巨木の友達がいる。巨木を見つけては、それに名前をつけて友達として認定するのだ。そして時々、彼らに会いに行っては、抱きついてエネルギーを分けてもらったり、悩み事を聞いてもらったりする。すると、心の中がスッキリとリセットされて、また明日からがんばろうと思えるようになる。 昨日も新たに一本見つけた。白老のポロト湖周辺を妻と散策していたら、散策路の横に実に男っぷりの良いミズナラの […]

新型コロナをきっかけにして

新型コロナをきっかけに、世の中が良くも悪くも大きく変化している。ウイルスが人工的に作らればら撒かれたとの噂もあるが分からない。だが、やがてウイルスの実態も解明され、人類も免疫を獲得するに至って、現在のインフルエンザのような扱いへと変わっていくだろう。むしろ、コロナの実態が不明な状態で開発されたワクチンの方が余程不安だ。 コロナの存在は、善でも悪でもなく、必然だ。それは人々の意識やものの見方を大きく […]

昭和の日にふと思う

本日は国民の祝日。昭和の日である。けれど、はたして国民の何割がこの日の由来を知っているのだろう?まだ私が若い頃、4月29日は昭和天皇の誕生日ゆえ天皇誕生日という名の休日だった。それが昭和天皇崩御と明仁天皇即位により、呼び名が変わった。これから先も昭和の日が存続し続けるかどうかは、今のところまだ分からないようだ。 令和時代の今、昭和のムードが色々な場所から消えていきつつある。街から消え、歌から消え、 […]

電子書籍出版デビューしました!

長らくブログ更新できずにいたのには訳がある。予定していた電子書籍出版が、データ変換不備の為、毎日修正作業に追われていたのだ。同じ作業を何十回と繰り返し、途中で気持ちが折れそうになったが、先日、苦労の甲斐あってやっと出版にこぎつけた。 amazonの商品の本棚に並ぶわが作品の表紙を見て喜びもひとしお。タイトルは『マクロビオティックは宝島の地図だった!〜治療家が見たマクロな世界観とは?』。定価580円 […]

1 7