幸せな顔になるには①

幸せな顔になるには①

アインシュタイン

 

幸せな人生を送られている人には、「ある共通点」があります。

それが何かというと、「顔が輝いている」ということ。そして、皆一様に「魅力的な表情をしている」ということです。

具体的にいえば、黒目が大きく、目ヂカラがある。ほっぺに張りがあり、重力に負けぬ強さがある。口はいつだって微笑みをたたえている。顔全体の雰囲気が若々しく、澄んだ雰囲気と引き込まれそうな魅力がある。

それは決して美人だとかハンサムだとかいう造形の問題ではないんです。そうした美的に訴える美しさではなく、人間としての円熟した個性に溢れる魅力なんです。

 

■すべては顔にあらわれる■

人はストレスを感じれば、顔がこわばり、全体的に顔が下がってきます。

もし、あなたが相手に嫌な感情を感じていたら、いくら笑顔をふりまいたとしても、無意識的に相手はその周波数をキャッチしてしまいます。顔の表情が、人知れず周囲の人に、もの言わぬメッセージを発し続けているのです。

誰もが、ひと目見たその瞬間、相手の人の顔に親しみを感じたり、とっつきにくそうなイメージを持ったり、何かしらの印象を持つものです。たった最初の数秒で、あなたの印象が決定されてしまうなんてちょっと恐いですよね。

そんな顔について洞察を深め、良い表情を創り出すことができれば、まず周囲の反応が変わります。また自分自身の行動だって変わっていきます。行動が変われば、自ずと運命も変わるのは当然の理であります。

なりたい自分をイメージして、それに合わせて自分の顔の表情を良くし、運命さえも好転させるリフトアップセラピーなるものがあるのをご存知ですか?

リフトアップセラピーでは、まず顔の持つ左右の意味を知り、外部からの刺激を使って効果的に表情を変化させていきます。

まずは、顔の左右の意味と役割についてお伝えしたいと思います。

 

[ad#nm]

 

■顔における左右の意味■

顔の右側は、左脳とつながっていて、

●父親との未完結の問題

●対男性との問題

●自分自身の男性性(仕事・お金・夢・現実)

・・・これらと関係しています。

 

顔の左側は右脳と繋がっていて

●母親との未完結の問題

●対女性との問題

●自分自身の女性性(気づき・人間関係・調和・創造性)

・・・これらと関係しています。

目次

 

リフトアップセラピーでは、顔を上げることで筋肉にスイッチが入り、自分の中にしっかりと芯が通ったような感覚になります。そして、視野が広がり、まわりが明るくなったように感じます。

もし、苦手な人がいたとしても、なぜか相手の反応が気にならなくなり、とても自然に振るまえるようになります。楽しく明るい毎日を送れるようになります。

そして、あなたが持っている本来の能力を十分に発揮できるようになります。

 

さて、リフトアップセラピーって、具体的にはどんな風に行うのか。

詳細については次回、触れてみたいと思います。

 

 

 

★リフトアップセラピーの発案者・キネシオロジストの田中信二さんの本。彼の治療家としてのバックグラウンドとセラピーの方法が書かれていてかなり使える本です!

自分の顔を生きる

新品価格
¥1,512から
(2015/8/9 22:48時点)

★書くモチベーションをあげるために参加しました。お気に召しましたらポチッと、ね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村