加島祥造

ベイビーのようなもの

  長野県・伊那谷に暮らす仙人のような風貌の詩人がいます。 その名も「加島祥造」さん。     加島祥造さん   英米文学がご専門で、ある時出会った英文訳の老子の書『道徳経』をきっかけにタオイズムに傾倒し、英訳版『道徳経』をやさしく日本語に翻訳することをライフワークとされています。   難解でとっつき辛い印象の『道徳経』(老子の思想書)を、これほど […]