くるくる回るスーフィーダンスで変性意識に出会う


 

太古の昔から人間という生き物は、この広大で深遠な宇宙という存在と一つになろうと努めてきました。

そして、ある者は瞑想により、またある者は芸術により、やがてある者は舞踏により「変性意識」へと至り、イメージの世界で自己を消滅させ宇宙そのものとなったのです。

舞踏〜それは、宇宙の力との調和を試みる人間の自然な営みです。世界各地には舞踏にまつわるさまざまな神話が残されています。

ヒンドゥー教では宇宙の営みのすべてがシヴァ神の踊りの表現であると考えられていますし、神道では太陽神であるアマテラスの再生をうながしたのがアメノウズメノミコトの妖艶な踊りでした。

ギリシャ時代のバッカスの狂宴から現代のクラブダンスに至るまで、人間は踊ることを通じてハイになり、自己の超越を目指したのです。

そんな舞踏の中で、シンプルであるにもかかわらず、強烈な変性意識をもたらすダンスがあります。その名は「スーフィーダンス」

 


 

■回る舞踏スーフィーダンス

イスラム神秘主義の一派であるスーフィー。その中で重要視されているものの一つにダーヴィッシュ・ダンスと呼ばれるものがあり、一般的にはスーフィーダンスと呼ばれています。

このダンス、日本語では旋回舞踏とも言い、文字通り踊り回るのです。原理はシンプルながら大変強烈な意識の変性をもたらすダンスで、トランスパーソナル心理学のセラピーでも使われているくらいです。やり方は次の通りです。

 

<スーフィーダンスの手順>

①広い場所を選んで立ち、左手を水平に伸ばし、手の平を下に向けて大地のエネルギーをもらいます。

②右手を水平に伸ばし、手の平を上に向けて天のエネルギーをもらいます。

③意識を心臓に集中し、自分の心臓が宇宙の中心であるとイメージします。

④左脚を軸にして、ゆっくりと反時計回りに回ります。

⑤目が回って、それ以上続けるのが困難になったら横になって休みます。

 

■変性意識状態とは?

手順そのものはいたってシンプルなのですが、初めて行う人はまずフラフラになって倒れます。なので、初心者は倒れた時に受けてとめてくれる人を一人つけておいたほうが良いでしょう。

普通は二人一組になって音楽に合わせて行います。吐きそうになった時のために洗面器を用意しておいた方が良いかもしれません。そして、吐いた場合はしばらく休んでから再び踊り始めます。

スーフィーの修行者はこのダンスを延々と一時間でも二時間でも踊り続け、やがて変性意識状態となり、恍惚の中で「神であった頃の自分」を思い出すといいます。

変性意識状態とは、アメリカの心理学者チャールズ・タート博士によって有名になった意識状態の定義ですが、日常生活における通常の意識以外のさまざまな意識状態を意味します。

例えば、瞑想状態、催眠状態、トランス状態、夢やドラッグによるサイケデリックな感覚や神秘体験などを含みます。基本的には、良くも悪くもない中立的な状態です。

しかし、この変性意識状態を体験することによって、人は日常的な意識にはない外界との情報的なつながりや連絡を持てるようになり、知覚できる世界や能力が一段と広がりを持った大きなものになっていきます。

まさにこの人生に、ある意味「魔法」が本当に存在することに気づけるようにもなるのです。

 

■究極の忘我の境地を目指す

スーフィー・ダンスの熟練した踊り手たちは何時間でも倒れることなく踊り続けられます。なぜそれができるのかというと、「私=自我」を「回ること」に明け渡して、「私」が回っているのではなく、「回ること」そのものになりきって、旋回する行為と「私」とが一つになっているからなのです。

この状態をスーフィズムでは「忘我」と捉えます。

しかし一般人である私たちは、そう簡単に自我を明け渡し忘我に至ることなどできません。最初は気の合う仲間と二人で、無理なく、少しずつ、ゆっくりと旋回をカラダになじませながら行う必要があります。

実は私も20代の頃、トルコ共和国を旅し、このスーフィー・ダンスを目の当たりにし、その神秘的な舞の虜になったことがあります。そしてスーフィズムの教会に弟子入りすることを本気で考えたのですが、当時の個人的な事情がそれを許さず、やむなく断念したのでした。

今でもスーフィズムに対する憧れはあり、時々、自宅で回ってみることがあります。しかし、若かりし頃の自分と違って、現在の自分はかなり人生守りに入っているため、倒れて吐くまでは行いません(笑)。

けれども軽く変性意識の入り口に触れることがあり、自分の意識が徐々に拡大していくのを感じることができます。

 

■こうしてお米に化粧がほどこされます!

私たちの意識というものは、本来、とても広大で無限の世界と繋がっている、というか、私たちはもともと無限の世界の住人であります。

しかし、子どもの頃から始まる親や周囲の大人からのしつけ、学校の教育、社会通念や常識の刷り込みによって、いつの間にか制限がなかったはずの意識が小さな限られた世界に押し込められてしまうのです。

それがこのスーフィーダンスのような非日常的な動きや振る舞いにより、柵を取り払って意識の自由を取り戻すことができるのです。

しかし、人によっては強烈な意識の変性により幻覚を感じたり、心理的な傷を負ってしまう場合もあります。そんな不安がある方は身近にトランスパーソナル心理学を修めた信頼のおけるセラピストがいれば、その方の指導のもとで行ってください。

本当はスーフィズムを語りだせば、お伝えしたいことが山ほどあるのですが、本ブログは健康ブログのため、それは姉妹ブログ『宇宙の種〜Seed of the Universe』の方で改めて書きたいと思います。

 

最後にスーフィーダンスに興味を持たれた方のために、You Tube からの動画を貼っておきます。もし、ご自分もスーフィーダンスを踊ってみたいと思われた方は私にぜひご一報ください。あなたが倒れた時の介抱役をかって出たいと思います(笑)。

 

 

 

●スーフィーダンス

 

 

⭐️スーフィズムとあの老荘思想にはなんと共通点があった!日本における知の巨人・井筒俊彦先生による珠玉の論文。それは単なる論文を超えてあなたの精神を悠久のコスモスへと誘う。

スーフィズムと老荘思想 上 (井筒俊彦英文著作翻訳コレクション)

新品価格
¥5,832から
(2019/8/17 08:36時点)

スーフィズムと老荘思想 下 (井筒俊彦英文著作翻訳コレクション)

新品価格
¥5,832から
(2019/8/17 08:37時点)

 

にほんブログ村 健康ブログへ

★ついでにポチッとして頂けたらうれしいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 

 

 

TAG
スポンサーリンク
AD
AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AD

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA