顔のゆがみはカラダのゆがみ〜あなたもできる小顔の作り方


世の中、「小顔、小顔」と小顔になりたがる人は多いけれど、顔の左右がきちんと対称になっている人というのはそう多くありません。

程度の差というのはあっても、ほとんどの人の顔というのは非対称です。しかし、その違いが大きすぎたら、やはり顔全体がアンバランスな印象になってしまいます。そして、それはもちろん美観だけでなく、カラダにとってもよろしくない。

なぜなら、その「ゆがみ」は全身のゆがみを反映しているからなのです。

「小顔」を求める前に、まず「左右整った顔」を目指そうではありませんか。そのほうが真の小顔への近道です。今回は世の小顔ブームに一石を投じ、そんな提案をしたいと思うわけであります。

■あなたの左右、整ってますか?

例えば、近くに鏡があるならばそこにあなたの顔を映し出し、左右の目の高さを見てみてください。もしも左右の目が水平になっていないとしたなら、きっと左右の肩の高さにも違いが見られるはずです。

一般的に目の高さと肩の高さは「平行」になっていなければなりません。もしも、左右の目の位置を比べてみて、右が高く、左が低い位置にあるとしたならば、肩も同じように右が高く、左が低くなっているはず。あるいは、それが逆になっている場合は、背骨が回旋している可能性が考えられます。

これはゆがみがより複雑化している状態といえ、要注意です。肩が異常に凝りやすいとか、疲れやすい、どこかに痛みがあるなど不快な症状をお持ちの場合がすこぶる多い。

同じように、口角は骨盤の状態をあらわします。右の口角が上がっていて、左が下がっていたとしたなら、骨盤にも同じゆがみがあると見るわけです。

顔の左右の大きさやカタチの違いというものも、やはり全身の骨格のゆがみからきています。なので、それらはゆがみを整え、バランスを正しい状態にもっていくことで改善されていきます。

なので、本当に健康で美しい状態になりたいならば、顔にアプローチすることによっても、ゆがんだ骨格が正しい位置に導かれ、必要な筋肉がしなやかに鍛えられて、カラダ全体を整える助けとなるのです。

■南雅子先生の「フェイス&ネックマッサージ」

そんな顔へのマッサージ方法がありますので少しご紹介しましょう。整体エステ「GAIA」を主宰されている南雅子さんは、そうした顔へのアプローチを得意とする専門家。南先生の提唱するメソッドには優れた効果を発揮するのもが多く、私も施術の参考にさせていただいています。

そんな南先生が勧める「フェイス&ネックマッサージ」という方法があるのですが、これは簡単で誰でもいつでもどこでもできます。効果も高いものなのでご紹介しておきましょう。

一般的なフェイスマッサージというのは、右側の顔を右手で、左側の顔を左手で行いますが、これを右手で顔の左、左手で顔の右と、逆にすることで同時に肩甲骨にも働きかけ、それら周辺の筋肉を柔らかくして左右差を整えるのに役立つのです。また、これを行うことにより、左右差が整うだけでなく、首を柔らかくして小顔効果も期待できます。

基本的にお風呂上がり後に化粧水をつけて行うと良いものなのですが、入浴中や、リラックスされている時間に行われてももちろんOK。なお、マッサージでは、薬指、中指、人差し指の3本の指メインに使います。そしてマッサージの対象となるポイントは6つあります。ぜひ覚えておいてください。

①まゆの上

②こめかみ

③耳の横

④耳下腺

⑤顎の骨

⑥首

以上の6箇所です。これらを3本の指の第一関節と第二関節を曲げて、特に薬指により力を入れた状態でマッサージします。モミモミと刺激を加えたら最後に少々力を入れて押してから、パッと瞬間脱力して放すのがコツです。

■マッサージの手順

さて、ではいよいよ実際に「フェイス&ネックマッサージ」を行ってみましょう。次の順番通りにひとまず行って、感覚を掴んでみてください。

①右手を目一杯開いてじゃんけんのパーをつくります。使うのは薬指、中指、人差し指の3本です。

②まず、まゆの上をマッサージします。右手の薬指を左のまゆ頭において、「1、2、3、4、5」と5回もみながら、最後に指をパッと瞬間脱力して放します。

③今度はこめかみをマッサージします。薬指をまゆじりにおいて、「1、2、3、4、5」と5回もみながら、最後に指をパッと瞬間脱力して放します。

④耳の横をマッサージします。右手を頭の後ろにまわして薬指を左の耳上付け根において、「1、2、3、4、5」と5回もみながら、最後に指をパッと瞬間脱力して放します。

⑤耳下腺(耳たぶの裏の下の押すと気持ちの良いところ)をマッサージします。右手薬指を左耳下腺のあたりにおいて、「1、2、3、4、5」と5回もみながら、最後に指をパッと瞬間脱力して放します。

⑥顎の骨をマッサージします。右手は頭の後ろにまわした状態で右薬指と中指で左の顎の骨を挟んで、「1、2、3、4、5」と5回もみながら、最後に指をパッと瞬間脱力して放します。

⑦首をマッサージします。首の前部分にできるだけ指を伸ばして、薬指が顎の下まで届くようにしながら首の気持ち良いところを探して首全体をもみほぐします。

⑧首をまんべんなくマッサージし終えたら、そのまま指を放さず指で誘導するようにしながら首を左にまわしていきます。できるだけ後ろを見るように首をまわしながらこれ以上まわらないというところまでもっていきます。

⑨パッと瞬間脱力して手を放し、顔を正面へと戻します。関節が正しい位置にセットされて入れば手を放しただけで首が勝手に戻ります。

⑩ここまでのマッサージを今度は同じように左手で右側に対して行います。

■リンパ液の流れがあなたの顔を整えます!

いかがですか?

あっという間にできますよね。しかも、とっても気持ちが良いでしょう。行う前に鏡を見て状態を覚えておき、行った後にもう一度確かめてみるとその違いがはっきりとわかります。このマッサージの特徴は、リンパ節に働きかけてリンパ液の流れを良くすることです。実はリンパ節の重要なエリアを刺激していたのです。

リンパの流れが悪くなると老廃物が溜まり、顔のむくみやたるみを招いて顔が老けて見えてしまうだけでなく、その滞りが顔の左右の差をより強くして見た目にも不健康そうな印象をつくってしまいます。そうなると、むくんだ状態はなかなか元には戻りません。定着してしまうのです。それを防ぐためにもこのマッサージはぜひ覚えて習慣化していただきたいと思います。

このマッサージによって、毛細血管からにじみ出たリンパ液の流れは促進され、耳まわりの耳介前リンパ節、深耳介腺リンパ節、耳介後リンパ節、顎まわりの顎下リンパ節、オトガイ下リンパ節、首まわりの上深頸リンパ節、頭の後ろの後頭リンパ節などなど複数の重要なリンパ節を刺激し、リンパ液の流れがすこぶる良くなるのです。

リンパの流れが良くなれば、自然と顔も本来のシンメトリー(左右対称)の状態を維持しやすくなります。顔だけでなく首にもアプローチするため、カラダ全体のむくみ解消にも役立ちます。ぜひお試しください。

南先生の顔を美しくするためのメソッドの中には、筋肉や骨格へ向けたアプローチも多数あります。どれも効果が実感できるものばかりなので、時々こうしてご紹介したいと思います。どうぞお楽しみに!

⭐️ 北海道で人気美容サロンを経営されている河野先生のアプローチは男性的。こちらも効果大ありです!ときめきの小顔、健康な小顔、幸せな小顔になるための道はちゃんと用意されている。あなただって大丈夫!革命は必ず起こせます。もう、明日から憎いあんちくしょうに「顔が大きい」なんて言わせない。

なりたい顔で人生を変える スーパー小顔革命

新品価格
¥1,620から
(2018/1/19 08:17時点)


にほんブログ村 健康ブログへ★ついでにポチッとして頂けたらうれしいです。ありがとうございます。にほんブログ村

投稿者プロフィール

noahnoah
noahnoah
治療家。マクロビオティック指導家。導引研究家。子供の頃から「生きる」ことの不思議に興味を持つ。20代で放浪の旅に出たインドで九死に一生を得る体験をする。以来、宇宙と生命の繋がりについて考えるようになる。現在、モノを書くことを通じて宇宙生命の神秘に近づこうと奮闘中!
TAG
スポンサーリンク
AD
AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AD

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です