人生を豊かにする!尻の穴ヨガ


2a36fc12e12fbe0275e59782c2a3cfc7_s

「尻の穴を締める」という実に簡単な行為こそが、人間を健康にし、優れた人格を形成し、幸せな人生を手に入れるためのパスポートだと言ったなら、あなたは信じられますか?

・・・あなたは哲人・中村天風先生をご存じでしょうか?

私が最も尊敬する日本人の一人、それが中村天風先生です。天風先生は戦前から「人斬り天風」と恐れられ、軍事探偵として活躍されました。戦後、治療も困難な肺病を患い、死に場所を探して海外をさまよっていた時に偶然インドのヨガマスターに出会い、ヒマラヤの山奥での長い修行の末、病を克服。帰国後は敗戦後の日本を立て直すため街頭で辻説法。人々に人間の真の生き方を説いて回りました。

tenpoo nakamura

●中村天風先生

その天風先生の薫陶を受けた人たちの名を挙げれば・・・

東郷平八郎、原 敬、山本五十六、ロックフェラー三世、松下幸之助、双葉山、大佛次郎、宇野千代、稲盛和夫、広岡達朗などなど錚々たる面々。ほかにも、歴代の大臣、プロスポーツ選手、武道家、大学教授、医師など各界で活躍し多くの人々に影響を与えたリーダーたちが天風先生の哲学を学んでいるのです。

先生は講演を通じて一般人にもその教えを広められ、95歳で亡くなった後も、弟子たちがそれを伝えて現在に至ります。

その教えの中には、実生活で活用できるものも多くあり、特にヨガなどは、現在、ブームも定着し、まるでこの国の健康文化の一部になった感がありますが、もとはと言えば、戦後、日本においてヨガを普及し大衆に伝えた第一人者はこの天風先生といっても間違いではない。日本人の思想・哲学・経済・保健衛生に多大な影響を与えた人物、それが天風先生なのです。

■クンバハカをご存じですか?■

その天風先生が重要視していたことの一つにクンバハカがあります。クンバハカとは、インドのヨガの密法の一つで、一説には願いを成就するための祈祷法であるとも言われています。

本来、私たちの心身のエネルギーである「気」は、宇宙エネルギーから得られるものです。例えば、人はマイナスの感情に捉われると、心身のエネルギーは少なくなり、不安や悩み、怒りを口にしたりして、マイナスの波動を出してしまいます。そんな時、宇宙のエネルギーを集め、心にエネルギーを満たして、カラダへの悪影響を減らすことができれば苦境を乗り切ることができます。

「健康な心が健康なカラダを創る」という天風哲学の実践として最も基本的な方法の一つがこの「クンバハカ」なのです。クンバハカは、人間を一瞬にして「最も神聖な状態に保つ方法」と言われ、ヨガの神髄の中の神髄とも言えます。

■尻の穴ヨガで自律神経が整う■

クンバハカにおいて大切なことは、尻の穴をギュッと締めること。俗っぽく表現すれば「お尻締め」なる動作です。ゆえに私はこれをさらに親しみを込めて「尻の穴ヨガ」と呼んでいます。(天風先生ゴメンなさい!)

尻の穴ヨガは、何も特別な技術は必要ありません。立っていても、座っていても、寝ていてもどんな姿でも行えるのが良いところ。

ヨガでは肛門を締めて引き上げることで、体内エネルギーがキープされると考えます。しかし、座っている時間が長く、カラダを動かすことの少ない現代人の生活では、肛門が緩みっぱなし。そのために血流は停滞し、自律神経のエネルギーのコントロールがしづらくなってしまうのです。それを改善させるのがこのクンバハカ=尻の穴ヨガなのです。

行う時にはポーズをとりながら「は〜っ」と声に出して脱力してから行うと逆に肛門を締めやすくなります。また、やっているかどうかは、外からは一見して分からないため人前でも平然と行えます。本当に肛門が締まっているかどうか不安な人は、ズボンの上からでも、肛門に手を当ててみると分るので誰でも確かめながら行えるのです。

■尻の穴ヨガの効果がある理由■

これを継続的に行うことで得られるプラスは信じられないくらい多いです。お尻を締めるという簡単な刺激で、様々な効果が期待できるのは一体なぜでしょうか?

その理由は、お尻の神経系への働きかけによります。尻の穴を締めることにより、生命活動や免疫力をコントロールする自律神経が走っている神経叢を効果的に刺激することができるのです。

またその際、肩の力を抜くことで横隔膜神経叢が、下腹に力を入れることで太陽神経叢や、腹腔内神経叢が刺激されます。つまりは、お尻締めをするだけで、一瞬にして全身の主要な神経叢に刺激が加わるのです。この刺激が、ストレスで乱れた現代人の自律神経、すなわち交感神経と副交感神経2つのバランスを整えるわけです。

ストレスを受けたり、緊張したり、落ち込んだりすると交感神経が緊張します。この緊張が血流障害を起こし、痛みを引き起こし、血圧を上げます。さらに緊張が続けば、免疫系統にかかわる副交感神経のスイッチが入らず、免疫力も次第に低下し、病気にかかりやすい心身になってしまうのです。

こうした状態に対して、全身の神経叢に働きかけるお尻締めを行うと交感神経緊張から、副交感神経優位にスイッチが切り替わり、自律神経のバランスが良くなるのです。

その結果、プラス思考となり、心はいつだって冷静沈着。大きな視点を得て、人格は自ずと高まり、さらには素晴らしき人生を創造できるような心持ちになるのです。何も難しいことは要りません。気づいた時に自分でお尻をキュッと締めるだけでいいのです。尻の穴ヨガを毎日心がけることは、あらゆる病気を予防することにもつながります。

■婦人科疾患や泌尿器疾患にもおすすめです!■

さて、その方法はいたって簡単。肩の力を抜いて、へその下の丹田に気を込め、同時に肛門を上に引き上げるようにして締めれば良いのです。寝る時も、目覚めた後も、仕事中も、人と会っている時さえも、いつでもどこでも人に知られず気づいた時に行います。

肛門を締める動作は自律神経に働きかけるのみならず、肛門周辺の肛門括約筋を積極的に動かすことになります。この筋肉、女性ならば膣の筋肉、男性ならば前立腺と関わりが深いため、女性が尻の穴ヨガを行えば膣が締まり、男性が行えば前立腺が刺激されます。それにより、婦人科疾患のある女性や、前立腺肥大などの泌尿器疾患のある男性が行うと、症状の改善が期待できるのです。

中村天風式クンバハカ法の詳細につきましては、私が本ブログでその方法をお伝えすることも可能ですが、ぜひ多くの方に先生の哲学に触れていただきたいとの思いから、これ以上は説明しません!その内容についてもっと知りたい方はぜひ先生の書かれた『運命を拓く』をご一読ください!

また、先生の教えについてまとめられた素晴らしいサイトがあるので、こちらをお読みになられてもヒントが得られます。ご参考までに。

Ten pu Online-天風のサイト『クンバハカ法』

■婦人科疾患に良いヒップサークル■

つい先日、書店である健康雑誌を眺めていたら、やはり尻の穴を締めることはカラダに良いということで「ヒップサークル」という名の体操を紹介していました。家に帰って実際に行ってみると、クンバハカ=尻の穴ヨガと同様の効果が得られる体操であると実感しました。

その効用としては、「生理痛・更年期障害・PMS・重ダル・ほてりを改善する」と書かれてありました。特に尻の穴を締めるだけでなく、腰を中心に動きを伴うので骨盤内の血流を促す効果があると思われ、女性にとっては婦人科疾患の改善に大いにプラスとなるでしょう。では、その「ヒップサークル」についてお伝えしましょう。

ヒップサークルの方法:血が滞りがちな腰を中心に動かして血流を促します。ゆっくり大きく動かすのがポイント。

①四つん這いになって肛門を締める

両手は肩の下に置き、両膝は股関節の下に来るようにして四つん這いになる。鼻から息を吸って肛門を引き締める。

②尻で円を描き、腰を上下させる

大きな円を描くようにお尻を動かす。半円を描いた時に下がったお尻をかかとに近づけ「は〜っ」と声に出して脱力して息を吐く。

残りの半円で①の姿勢に戻る。これを5回繰り返す。逆回転も同様に。

■これらもついでにチャレンジ!!■

また、ヒップサークルのみならず、尻の穴ヨガは日常のどんな場面でも取り組むことができます。その際、尻の穴を締める感覚をつかみやすくするために次の2つの方法を合わせて試されることをお勧めします。

①台所に立つ時は、股にタオルを挟む

洗い物などをして立ち姿勢が続く時、たたんでロール状にしたタオルを両脚の付け根で挟みます。落ちないように力を入れることで肛門もキュッと締めやすくなります。

②椅子に座る時は、肛門でハンカチつまみあげるイメージを持つ

座り姿勢が続く時、肛門を引き締める意識をしてみましょう。広げたハンカチを手でつまむように、椅子にハンカチを敷き、それを肛門でつまむイメージで行います。

・・・いかがでしたか?

尻の穴、尻の穴と言いすぎたので、今回の記事の内容を冗談みたいに思われる方も少なくないことでしょう。しかし、冗談なんてとんでもない!この世における大切な真理というものは、案外、自分のすぐ近くで、みんなに気づかれないようなカタチでひっそりと存在しているものなのです。

私にとっての尻の穴ヨガも、そんな大切にしたい真理の一つ。

長く続けてみれば、きっとあなたにもわかります!これが幸せを手に入れるためのパスポートだってことが。

人目につかないパスポートは、あなたの股の下の少しばかり後ろの方にあったのです。

:注)あっ、ちなみにトップ画像と尻の穴ヨガとは全く関係ありません。

⭐️ 「すごい日本人がいたもんだ!」20代で偶然にもこの本と出会い、読んだ私は涙しました。哲人・中村天風先生、珠玉の一冊。噛めば噛むほどに味わい深い、これは出版界における玄米ごはんのような本です!

運命を拓く (講談社文庫)

新品価格
¥637から
(2015/6/8 19:11時点)

★ついでにポチッとして頂けたらうれしいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

投稿者プロフィール

noahnoah
noahnoah
治療家。マクロビオティック指導家。導引研究家。子供の頃から「生きる」ことの不思議に興味を持つ。20代で放浪の旅に出たインドで九死に一生を得る体験をする。以来、宇宙と生命の繋がりについて考えるようになる。現在、モノを書くことを通じて宇宙生命の神秘に近づこうと奮闘中!
TAG
スポンサーリンク
AD
AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AD

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です