エシカルって、ご存知ですか?


05022350_5363b0b266ba6

「エシカル」という言葉をご存知ですか?

Ethicalとは、「論理的な、道徳的な」という意味で、人や社会、自然環境に配慮したプロダクトのことを「エシカルなプロダクト」と呼びます。

オーガニックとか、リサイクルとか、フェアトレード、サスティナブルなんて言葉は皆さんも耳にしたことがおありだと思いますが、これらのものも大きな意味では「エシカルなプロダクト」ということができると思います。

こうしたエシカルな製品を購入することを「エシカルな消費」と呼び、ここ数年は特にファッションの分野で注目されるようになりました。

 

例えば、日本では、オーガニックコットンやフェアトレードアイテムを輸入・販売している「People Tree」さんとか、エシカルジュエリーを専門に販売している「HASUNA」さんなどが有名です。また、十年以上にわたってこれらのトレンドを牽引してきたメディアとしては雑誌の「ソトコト」さんなどが知られています。

 

■ジュエリーをめぐる現状■

ジュエリーの例を挙げるなら、ダイアモンド、プラチナ、ゴールドなどの貴金属の原料となる鉱物がどこから来ているかご存知ですか?

その多くは、開発途上国で、小さな子供からお年寄りまでが朝から晩まで過酷な労働をさせられる中で採掘されています。食事は一日一食で、しかも気の根っこのようなものしかあたらずに、誰もが暗い表情でうつむきながら働かされています。

厳しい労働条件の中、健康被害を受けたり、病死や過労死でこの世を去る労働者も珍しくありません。

十数年前のデータでは、このような鉱山労働に従事する子供たちは世界中で100万人以上いると言われています。特に金の鉱山の採掘では、採鉱・精錬のプロセスで水銀などの化学物質が使われていて、労働者や周辺住民の健康被害は日常茶飯事で、土壌汚染も深刻です。

 

しかし、このような場所で採掘される鉱物は、本来、人の生活を豊かにしてくれるもののはずなのです。特にジュエリーは、婚約指輪や結婚指輪など、男女の愛の証であり、親から子供へ、子から孫へと代々受け継がれてゆく絆の象徴でもあるもののはずですよね。

そんな美しく大切なものの舞台裏で、マイナスの出来事が起こっている事実。

 

■ジュエリーにできること■

そういった不公平な現状に、ジュエリーの不買運動というカタチで拒否するのではなく、ジュエリーを通して人と世界のためにできることがあるのではないかと考え、けして悲劇ではなく、輝く人を生み出すようなジュエリーを作りたいとの思いから立ち上げられた会社も少なからず存在します。

それが前述した「HASUNA」さんです。

 

発展途上国では、先進国に比べてアーティストや職人さんの立場が著しく低く、素晴らしい感性や技術を有していても皆、貧困層で国内の流通ルートだけでは安く買いたたかれ、機械を購入するお金もなく、後継者も育たずに困っています。

「HASUNA」さんでは、そうした職人酸たちの技術を絶やしてはならないと、彼らが生活していける仕入れ価格で素材の取引を始め、後継者の育成にも貢献しています。

 

また、世界各国のストリートチルドレンを救済するため、彼らを集めて教育し、技術指導をして手に職をつけさせ、安定した生活がおくれるように支援しています。

世界中に存在する児童問題や低賃金労働などの人権に関わる問題、宝石の採掘権を巡って起こる紛争、自然環境の汚染などの問題をジュエリーの販売を通じてどうすれば解決できるのか、「HASUNA」代表の白木夏子さんは、常にそのことを念頭においてビジネスに取り組んでいます。

2009年に会社を立ち上げ、初めての直営店を南青山にオープンさせました。

 

natsuko

HASUNA代表・白木夏子さん

 

■美しさは思想に宿る■

鏡に映る外見の美しさだけでなく、考え方や生き方の美しさも大切にしたい。世界中の職人やアーティスト、宝石の生産者たちが笑顔でいられる環境作りや自然環境に配慮したプロセスを取り入れること、そのすべてを含めてが本当のジュエリーデザインだと考えられる白木さん。

私は、彼女のビジネスコンセプトの中に強く「エシカル」を感じます。

時々、仕事で東京を訪れた時に南青山のショップを訪れることがあるのですが、その落ちついた店内の雰囲気と製品の美しさと確かさの中に、これからの時代の企業のあるべき成熟のカタチを見ることができます。

 

札幌という地方都市で、オーガニックカフェを経営する自分。規模は小さいながらもスローライフやサスティナブルというキーワードと関わる者として、「エシカル」という、地球にも人間にも温かでやさしい価値観が、21世紀ビジネスのスタンダードになってゆくことを願わずにはいられません。

 

★HASUNAさんのホームページ http://www.hasuna.co.jp/

 

 


noahnoah

治療家。マクロビオティック指導家。導引研究家。子供の頃から「生きる」ことの不思議に興味を持つ。20代で放浪の旅に出たインドで九死に一生を得る体験をする。以来、宇宙と生命の繋がりについて考えるようになる。現在、モノを書くことを通じて宇宙生命の神秘に近づこうと奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です