むすびのこころ


c25910b3_640

 

 

むすんで ひらいて

手を打って むすんで

またひらいて 手を打って

その手を上に

 

むすんで ひらいて

手を打って むすんで

 

日本人なら誰もが知ってる唱歌、「むすんでひらいて」。

あなたも一度は声に出して歌ったことがあるでしょう。

 

実は、この中に、しっかりと神道の生き方の神髄が表されています。

「むすび」とは、モノゴトとモノゴトが合わさること。

そこから大きなチカラが生まれてきます。

 

「むすび」とは、新しいモノゴトや生命を生み出すチカラ。

お父さんと、お母さんが、愛し合ってむすばれ、

そこから生まれてきたのが、私たち。

息子(むすーこ)娘(むすーめ)ではありませんか。

 

お米を手でにぎったのが、「おむすび」

江戸時代、飛脚はおむすび一つで、一日137キロを移動しました。

これは、東京の日本橋から静岡の吉原までの距離。

おむすびは、大きなチカラを生み出す食べ物になります。

 

たくさんのチカラを合わせてむすぶことで、

未来をひらくエネルギーがそこから開花する。

そして、またむすび、またひらく。

森羅万象、生々流転の原理が唱歌の中に秘められている不思議。

 

このアジアの極東において、日本という国は、

東洋と西洋をむすび、物質と精神をむすび、天と地をむすび、

カミの世とヒトの世をむすぶ役割を持った国なのではないか。

 

おむすびを頂きながら、ふと、むすんでひらいてを思い出し、

「日本て、いいなあ・・・」

しみじみと、そう呟いてみるのです。

 

 

★日本人の精神性、行動様式、日常生活のあらゆる面で「神道」がその大もとにあるということを気づかせてくれます。

神道と日本人 魂とこころの源を探して

新品価格
¥1,836から
(2015/6/7 12:44時点)


noahnoah

治療家。マクロビオティック指導家。導引研究家。子供の頃から「生きる」ことの不思議に興味を持つ。20代で放浪の旅に出たインドで九死に一生を得る体験をする。以来、宇宙と生命の繋がりについて考えるようになる。現在、モノを書くことを通じて宇宙生命の神秘に近づこうと奮闘中!

2 comments

  1. 今日も素敵なブログをありがとうございます♪本当に!「おむすび」であって、「おにぎり」ではない!と、いつも思っていました(^^)そして、むす~こたちに感謝です。この国に産まれて、良かった~!!!\(^o^)/

    • こちらこそありがとうございます!Keikoさんは、やはり、佳子さんだったのですね。少々小難しい内容のブログにも関わらず、お読み下さりお礼申し上げます。日本の役割は、やはり「むすび」にあると感じています。21世紀こそ、日本がその本領を発揮する時代。日本人としての働き、これからたくさんありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です