あいまいさと永遠


images

 

だいたい世の中、白黒はっきりさせたいヒトが多すぎる。

○か×か、白か黒か、善か悪か、男か女か、などなど・・・。

 

でも、これらは、人間が勝手にその時々の、その状態だけを切り取って、

単にレッテルを貼っただけのこと。

 

心静かに自然を観察してみれば、

そこにあるのは、つながりを持った「変化」なんだ。

 

水は、その態の違いにより、

露と呼ばれ、霧と呼ばれ、雨と呼ばれ、氷と呼ばれ、雪と呼ばれ、

その時々の移ろいの姿を見せてくれる。

 

また、温度の違いから、冷水と呼ばれ、

ぬるま湯と呼ばれ、お湯と呼ばれ、熱湯と呼ばれたりする。

 

どれもが、時に何かと混ざり合い、機に応じて、

その姿を移ろわせる水であることに違いはない。

 

自然とは、水に象徴されるような、ひとつのつながりでありながら、

その時々の姿を変化させる普遍的で、全体的で、絶対的な何かといえる。

 

しかし、人間は、つながり続ける自然を、

ことごとくける」ことで理解し、「分ける」ことで感じ、

「分ける」ことによって考え、「分かった」気になってきた。

 

「分ける」ことの二分立は、0と1とのデジタルを生み、

コンピューターを生み、人間の「知」を大きく飛躍させたことは確かだ。

 

しかし、それにより、もともとひとつのつながりである自然から、

大きく遠ざかったものとなってはいないか。

 

私は、今こそ、「あいまいさ」に注目したい。

○と×との間にある△を。

白と黒との間にあるグレーを。

善と悪との間にある中庸を。

 

だいたい、男性の中にも女性性はあるし、

女性の中にだって男性性はある。

 

こうした中間にあるあいまいなものこそが、

異なる性質の両端を結び、変化を生み出し、

絶え間ない万物の生々流転の物語を生み出した。

 

移り変わる四季の谷間に用意された土用のように、

自分の中にある「あいまいなもの」を大切にしたい。

 

優柔不断という言葉も、視点を変えれば、

優しくて、柔らかくて、断たれることのない態度ともとれる。

 

きっかり分けずに、変化の中にあるつながりを感じる態度とも言える。

 

そうすると、

見えてくるよ。

変化のただ中にある「永遠」が。

 

 

★日本人は、物事をはっきり言わない、自主性がない、と非難されることが多い。しかし、むしろ曖昧だからこそ、日本は世界有数の安全で豊かな国になれたのだ。

日本の曖昧力 (PHP新書)

新品価格
¥799から
(2015/6/11 14:07時点)


noahnoah

治療家。マクロビオティック指導家。導引研究家。子供の頃から「生きる」ことの不思議に興味を持つ。20代で放浪の旅に出たインドで九死に一生を得る体験をする。以来、宇宙と生命の繋がりについて考えるようになる。現在、モノを書くことを通じて宇宙生命の神秘に近づこうと奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です